イベント・メディア情報

外部のイベント告知

2020.01.21 更新

日本財団助成 2019年度立命館大学人間科学研究所年次総会【NEW】

子ども虐待を乗り越える

子どもの育ちを支える「社会的養育」の構築

日本とフランスの多様な家族における育ちの比較研究をとおして

主催:立命館大学 助成:日本財団

日時:2020年2月4日(火)12:00-17:10

場所:立命館大学 朱雀キャンパス1 階 多目的室

・JR「二条駅」下車、徒歩約2分
・京都市営東西線「二条駅」下車、徒歩2分
・ 阪急「大宮駅」下車、徒歩約10分

参加費:無料・要事前申込【お申込締切 2020 年1 月31 日】
※締切後のお申込みは、電話・メールにてお問合せください。

タイムテーブル
12:00-13:30 第1部 ポスターセッション
(1階 多目的室)
※会場に軽食をご用意いたします。
※発表者・演題・抄録は人間科学研究所HPで掲載いたします。
13:45-14:00 第2部 開会挨拶
松田 亮三(立命館大学人間科学研究所所長/産業社会学部教授)
14:00-15:20 基調講演①「日本における里親委託及び養子縁組の現状」
講師 高橋 恵里子(日本財団 国内開発事業部チームリーダー)
基調講演②「フランスにおける非血縁家族の現状」
講師 安發 明子(フランス在住コーディネーター)
15:35-16:55 第3部パネルディスカッション
「非血縁家族を取り巻く状況の日仏比較と今後の展望」
パネリスト 中村 正、 高橋 恵里子、 安發 明子
司会 徳永 祥子(立命館大学衣笠総合研究機構客員准教授)
16:55-17:10 閉会挨拶 中村 正(立命館大学産業社会学部教授)

お申込み方法:E-mailまたはFAXにてお願いいたします。件名を「人間科学研究所年次総会予約」とし、①お名前 ②ご連絡先 ③ご所属 ④参加プログラム
をご記入のうえお送りください。なお、情報アクセス保障ご希望の場合は、お早めにその旨ご連絡をお願いいたします。E-mail: ningen@st.ritsumei.ac.jp FAX 075-465-8245

ちらしのダウンロードはこちらから

2020.01.10 更新

社会福祉法人子どもの虐待防止センター主催[養育家庭里親・養親対象研修2019]子どもと生い立ちを共にふりかえる【NEW】

日時:2020年2月21日(金)10:30 ~ 15:00
会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター  センター棟405号室
小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩7分
(東京都渋谷区代々木神園町3ー1)

 

主催:社会福祉法人子どもの虐待防止センター
対象:養育家庭の里親・養親、児童相談所職員、里親支援専門相談員など
定員:50名(定員になり次第〆切)  ※保育はありません
受講料:5,000円(CCAP賛助会員の方は 4,500円)
講師:給前 麻実子、水木 理恵
(臨床心理士、CCAP主催アタッチメント形成のための心理療法プログラム担当 スタッフ、連続講座講師)

社会福祉法人子どもの虐待防止センターでは、特別養親サロンをはじめ、電話相談や 「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」などの里親・養親支援を行っています。今年度は新たに社会的養護の子どもの子育てにおいて、重要なテーマを学ぶ連続講座を開催しました。
今回の研修では、里親・養親の皆さんが子育ての中で直面する事実告知や、子どもの生い立ちをふりかえることの意味を改めて考え、親が子どもの生い立ちに触れるのをためらったり難しく感じたりする気持ちはどこから来るものなのか、実際の生活の中で子どもと生い立ちをふりかえるための言葉選びはどうすればよいかなどについて一緒に考えたいと思います。

※2020年度「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」のご案内も予定しています。

スケジュール:

時 間 内    容
10:00~ 受付開始
10:30~12:00 【講義】生い立ちを紡ぐとは?
昼 食 休 憩
13:00~14:30 【講義】子どもの生い立ちの整理への姿勢と日常での実践
14:30~15:00 質疑応答

(1)FAXで申し込む
参加申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、 事務局までFAXでお送りください。受付後、受講番号と振込口座を明記した受講票をFAXにて返信します。受講番号確認後、受講料をお振り込みください。

 

(2)WEBで申し込む
お問い合わせフォーム(種別:3.セミナーの申し込み)の各項目をご入力の上、送信してください。 受付後、受講番号と振込口座を明記した受講票(PDF)を、メールに添付して返信します。受講番号確認後、受講料をお振り込みください。

 

*入金後の返金はできませんのでご注意ください。

会員割引:
会員割引当法人主催セミナーには会員割引があります。セミナーお申し込みと同時にご入会いただければ、会員料金でご参加できます。入会ご希望の方は事務局までご連絡ください。また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする機関紙「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。

お問い合わせ:
社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局
FAX 03-6909-0982 / TEL 03-6909-0981
https://www.ccap.or.jp/

2020.01.08 更新

速報)日本財団主催 養子の日啓発キャンペーンのお知らせ【NEW】

申し込みサイトが整い次第、受付いたします。(2月初旬予定)

毎年4月4日は養子の日「応援します。新しい家族、新しい未来。」

養子の日にちなみ、「特別養子縁組」をより多くの人に知ってもらい、子どもたちがあたたかい家庭環境で育つことのできる社会を目指して、養子縁組への理解を深めてもらうイベントを行います。皆様ぜひご参加ください。

主催:日本財団

日時:2020年4月4日(土)10:30~17:30  開場10:00
場所:ステーションコンファレンス東京 6F
(東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー6F)

・JR東京駅 日本橋口直結 新幹線日本橋口改札徒歩1分、八重洲北口改札徒歩2分
・東京メトロ東西線大手町駅 B7出口直結

定員:350名
先着事前申し込み制、入場無料です。申し込みサイトが整い次第、受付いたします。(2月初旬予定)

当日のプログラム:
<よ~しの日2020へご参加の皆様全員が対象>

「養子の日」特別トークショー

写真でわかる“よ~しの経験談”

~特別養子縁組当事者が告白~

 

出演:瀬奈じゅん

ふくだももこ他

時間:13:00~14:30

「経験者の方から、生のお話を聞いてみたい!」

そんな皆様の声にお応えして、特別養子縁組の養親さん、養子さんにステージにお越しいただいてトークショーを行います。また、一昨年に特別養子縁組が成立した、女優で元宝塚歌劇団の瀬奈じゅんさん、「おいしい家族」など家族をテーマにした映画作品を手掛け、自身が養子当事者でもあるふくだももこ監督にも登場いただきます。

ステージでは、家族の思い出写真をご披露いただきながら、養子縁組に取り組むまでのいきさつや思いと覚悟、子どもと初めて出会った瞬間のこと、親族や周囲の方への反応、養子縁組として育った・育てた経験談、現在の生活や心のうち…などなど、幅広くしっかりとお話しいただきます。

全国から民間団体が集合

“よ~しの相談ブース”

(昨年度は12団体が参加)

時間:10:30~17:30

全国各地から養子縁組をあっせんする民間団体が多数参加し、各民間団体の活動紹介を行います。特別養子縁組に関心を持っていらっしゃる皆様の個々の相談にも寄り添い、もう一歩前進できるよう後押しさせていただきます。複数のあっせん団体を一度に見て周れる全国でも珍しい、おそらく唯一のイベントです。
どう乗り越える?乗り越えた?

“真実告知とルーツ探し” トーク

講演:ロング朋子(一般社団法人 ベアホープ 代表)他

 

時間:15:00~16:00

養子さんの心の成長に欠かせない「真実告知」。養親さんの中には、長い間葛藤を抱えながら、その日に備えて準備をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、多くの方々の経験や文献を踏まえて、養子縁組支援の専門家にお話をいただきます。

また、養子さんが生みの親に関心を持ち再会を望む「ルーツ探し」も、自らのアイデンティティに向き合う、人生においてとても大切なプロセスです。当事者の方の多くが経験するこの課題についても、お話をいただきます。

<養親さん・養子さん限定>

本音でじっくり話したい

よ~しカフェ

時間:16:30~17:30

毎年大変好評をいただいております、養親さん・養子さんのみを対象とした少数座談会を開催します。複雑で話しづらい当事者ならではの悩みや共有してみたいことなど、皆さんで心を開いてお話しいただく貴重な機会となっていますので、お気軽にご参加ください!お一人参加も大歓迎です。

※情報は随時更新

託児あり、(1時間500円、要事前申し込み)

2020.01.07 更新

全国養子縁組団体協議会 コムオベーレ共催 養親のためのワークショップ「子どもに記す物語:書き込み式ノートブックを使って思いを言葉に」【NEW】

 

お子さんを幸せにしたい、お子さんと一緒に幸せになりたいと思って親になったあなた。子どもに伝えるのは、出生の経緯だけではないことはすでに十分ご存じですね。夫婦が出会うまでの物語、お子さんを迎えるまでに二人が歩んだ道のり、お子さんを迎えてからの気持ち。日々話す、手紙で伝える、手作りの絵本、いろいろな方法を考えているのではないかと思います。このたび、お子さんに記し、伝えることをサポートしてくれるノートブックを、養子の当事者、長谷部さんが作成しました。ノートの問いかけに答えていく形で、世界で1冊だけのノートが完成します。

発刊を記念して、長谷部さんご自身を講師にお招きし、長谷部さんのライフストーリー、ノートを刊行する思い、ノートの記し方をお話いただきたいと思います。また、実際に、いくつかの質問について、ワークをしてみましょう。文字にし、口から言葉が発せられたら、きっと言葉の命が湧いてくると思います。ノートに向き合おうとしている方々と一緒に、語り合う機会がもてたらと思います。養親以外の方も参加可能です。ご参加をお待ちしています。

日時:2020年2月1日(土)13時~16時(12時45分開場)
場所:JR田町駅近く(参加者にご連絡します)
対象:養親、里親、支援者、子どもの立場の方、その他関心がある方
参加費:一般 お一人3500円(ブックレット1冊を含みます)、お二人組5000円(ブックレットは1冊)、全国養子縁組団体協議会会員2000円(ブックレット1冊)
定員:35名(先着順)
共催:全国養子縁組団体協議会・コムオベーレ
冊子『LOVE STORIES(ラブストーリーズ)』

LOVE STORIES(ラブストーリーズ)は、養親から養子の子への思いを書き留める書き込み式ノートブック。

時に私たちは家族であることに甘えてしまい、お互いを理解しようとすることを忘れてしまいます。養親が他の誰でもなく「あなた」をこんなにも愛しているという気持ちや、どのようにして自分がこの家に来たのかを知ることによって家族の絆がより深まると嬉しく思います。

未来の子どもに、永遠に続く愛の話を残しませんか?

2019.11.11 更新

フォスタリング機関立ち上げ助成団体向け研修会を開催【NEW】

2019年10月23日~25日、日本財団ビルにて、フォスタリング機関立ち上げモデル助成を行っている10団体を対象とした研修会を行いました。
2018年度~2020年度で行っている同団体への助成に加え、より効果的な活動につながることを目的として、実施しているものです。

元BAAF(英国)上席スーパーバイザークリス・クリストフィデス氏

Tavistock Portman NHSの御園生直美氏

各地から民間フォスタリング機関立ち上げを目指す団体の皆さんが集まり、元BAAF(英国)上席スーパーバイザークリス・クリストフィデス氏やTavistock Portman NHSの御園生直美氏による講義、グループワーク、意見交換等といった盛りだくさんの内容で、学びの多い3日間となりました。

グループワークの様子

各団体の成果物の展示

参加者全員で講師を囲んで記念撮影

実践を行う方々同士でつながり、学び合うことで、今後のフォスタリング機関の発展に寄与することを願っています。