イベント・メディア情報

外部のイベント告知

2020.02.12 更新

※開催中止 日本財団ハッピーゆりかごプロジェクト協力 よーしえんぐみcafé‐sendai 2020 開催のご案内

特別養子縁組を知っていますか?
血のつながりだけではない家族のものがたりに、耳を澄まして、触れて、感じてみませんか?
気軽に質問したり、お話を聞いたりする時間をつくります。
特別養子縁組に関心のある方なら、どなたでもおいでください。
※【第1部】のみ、【第2部】のみの参加も可能

第1部
気になる!特別養子縁組のいま
妊娠・養子縁組相談事業に携わる方より、特別養子縁組の基礎知識や近年の法改正による変化について。また、育ての親の方より、体験談をお聞きします。
日時:2020年2月29日土曜日 10:00〜12:00
定員:40名(申込み制 先着順)
参加費:500円
会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
2階 第4会議室(仙台市青葉区桜ケ丘公園4ー1)

第2部
子どもに伝えていますか?
真実告知は「養子縁組家族に大切なことです」。幼児から大学生までの子をもつ育て親4名が大集合!初めての真実告知から、ご近所への伝え方まで、気になるお話をお聞きします
日時:2020年2月29日土曜日 13:30〜15:00
定員:40名(申込み制 先着順)
参加費:500円
会場:トークネットホール仙台(仙台市民会館)
2階 第4会議室(仙台市青葉区桜ケ丘公園4ー1)

ランチ交流タイム
12:10〜13:10 軽食を準備する他、ご持参のランチを食べながらおしゃべりしましょう!

子ども体験プログラム【いきものピクニック@西公園】同時開催
西公園の冬のいきものたちを、一緒に探して、じっくり観察してみよう!※小雨決行
講師:むかい*いきもの研究所
定員:小学生以上10名(申込制、先着順)
参加費:各回300円
※第4会議室前で受付後に西公園へ出発いたします!

共済:よーし・えんぐみ cafe-sendai 一般社団法人 アクロスジャパン
協力:日本財団ハッピーゆりかごプロジェクト
後援:仙台市(予定) 日本ソーシャルワーカー協会

問合せ:080-6059-6845(専用携帯 ※平日9 時~18 時)
メール:44cafe.s@gmail.com

申込み:

ちらしのダウンロードはこちらから:

2020.01.27 更新

日本財団助成 第2回 FLECフォーラムのご案内

第2回 FLECフォーラム

~社会的養護の健全な発展のために~

主催:全国家庭養護推進ネットワーク 助成:日本財団

日時:2月23日 (日)
12:20~13:00  受付
13:00~17:40 FLECフォーラム
18:00~20:00 レセプション
2月24日 (月・祝)
8:30~9:00 受付
9:00~14:10 FLECフォーラム

会場 : フォーラム会場 ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター
東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー9階

レセプション会場  ARK HiLLS CAFÉ
東京都港区六本木1-3-40アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口

FLECフォーラムとは
すべての子どもたちに家庭での生活を(Family Life for Every Child: FLEC)という思いをこめて、家庭養護とその関連分野にさまざまな立場で携わる関係者が集い、相互のネットワークの構築・強化を図るとともに、実効性のある施策について意見を交わすことを目的に、FLECフォーラムを開催します。家庭養護の推進に興味・関心のある方はどなたでもご参加ください。

主なトピック
・社会的養育推進計画の策定状況と今後の展望
・各自治体の推進計画を踏まえた家庭養護の推進 -特にフォスタリング機関、里親と施設の連携と協働について-
・フォスタリング機関運営のあり方 -地域の実情に合った運営を目指して-
・施設の機能強化-多機能化、高機能化への道-
・子どもの福祉を実現する未成年養子縁組の可能性と課題
・障害児入所施設の今後の展望
・家庭養護における親子関係再構築支援のあり方
・当事者によるアドボカシーシステム
・すべての子ども、すべての子育て家庭を支援するために -諸施策の連携と協働のための仕組みづくりに向けて-

全国家庭養護推進ネットワークとは
家庭養護とその関連分野の関係者相互のネットワークの構築・強化を図るとともに、実効性のある施策について、志ある方々が、それぞれの主体間の垣根や主義主張の相違を超え、横断的に交流、討議するプラットフォームとして設立いたします。家庭養護とその関連分野の関係者相互のネットワークの構築・強化を図るとともに、実効性のある施策について、志ある方々が、それぞれの主体間の垣根や主義主張の相違を超え、横断的に交流、討議するプラットフォームとして設立いたします。

参加対象:家庭養護の推進に興味・関心のある方はどなたでも

定員: 250人(先着順)

参加費:フォーラム(事前申込:12月末まで)7,000円
(事前申込:2月16日まで)9,000円 (2月17日以降、当日申込) 10,000円

レセプション(事前申込:2月16日まで)5,000円
(2月17日以降、当日申込)6,000円 ※ARK HOLLS CAFÉ にて立食

申し込み方法

下記フォームよりお申し込みください

 

 

(携帯電話からのアクセスも可能です。)

留意事項
・参加費の事前決済をお願いします。(銀行振込)
・振込先は申し込み後のメールにてご案内いたします。
・ご入金確認後に完了のご連絡(メール)をします。当日は完了メールの写し、参加証(申込ページよりダウンロード可)のいずれかをご持参ください。
・ご入金後3日以上たっても完了のご連絡がこない場合には事務局までご連絡下さい。
・参加費は2日間共通です。1日ごとの価格設定はありません。
・申し込み後の参加費・レセプション費の返金はいたしませんのでご了承下さい。
・昼食は各自でご持参ください。
・会場のキャパシティの都合で先着順とさせていただきます。定員に達した場合、参加をお断りする場合や早期に申し込みを締め切る場合がございます。
・事前申し込みで定員に達した場合、当日の参加をお断りする場合や立ち見をお願いする場合 がございます。
・領収書は原則として発行致しません。銀行等の振込明細書をもって領収書に替えさせていた だきます。清算処理等で必要な場合は、当日受付で「発行依頼書」をご記入下さい。お帰りまでに準備致します。
・インターネットによる申し込みができない場合には、お問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先
全国家庭養護推進ネットワーク事務局 (一般社団法人 共生社会推進プラットフォーム)
電話 03-6276-5280 FAX 03-6276-5206 Email info@isephp.org

 ちらしのダウンロードはこちらから

2020.01.21 更新

日本財団助成 2019年度立命館大学人間科学研究所年次総会

子ども虐待を乗り越える

子どもの育ちを支える「社会的養育」の構築

日本とフランスの多様な家族における育ちの比較研究をとおして

主催:立命館大学 助成:日本財団

日時:2020年2月4日(火)12:00-17:10

場所:立命館大学 朱雀キャンパス1 階 多目的室

・JR「二条駅」下車、徒歩約2分
・京都市営東西線「二条駅」下車、徒歩2分
・ 阪急「大宮駅」下車、徒歩約10分

参加費:無料・要事前申込【お申込締切 2020 年1 月31 日】
※締切後のお申込みは、電話・メールにてお問合せください。

タイムテーブル
12:00-13:30 第1部 ポスターセッション
(1階 多目的室)
※会場に軽食をご用意いたします。
※発表者・演題・抄録は人間科学研究所HPで掲載いたします。
13:45-14:00 第2部 開会挨拶
松田 亮三(立命館大学人間科学研究所所長/産業社会学部教授)
14:00-15:20 基調講演①「日本における里親委託及び養子縁組の現状」
講師 高橋 恵里子(日本財団 国内開発事業部チームリーダー)
基調講演②「フランスにおける非血縁家族の現状」
講師 安發 明子(フランス在住コーディネーター)
15:35-16:55 第3部パネルディスカッション
「非血縁家族を取り巻く状況の日仏比較と今後の展望」
パネリスト 中村 正、 高橋 恵里子、 安發 明子
司会 徳永 祥子(立命館大学衣笠総合研究機構客員准教授)
16:55-17:10 閉会挨拶 中村 正(立命館大学産業社会学部教授)

お申込み方法:E-mailまたはFAXにてお願いいたします。件名を「人間科学研究所年次総会予約」とし、①お名前 ②ご連絡先 ③ご所属 ④参加プログラム
をご記入のうえお送りください。なお、情報アクセス保障ご希望の場合は、お早めにその旨ご連絡をお願いいたします。
E-mail: ningen@st.ritsumei.ac.jp FAX 075-465-8245

ちらしのダウンロードはこちらから

2020.01.10 更新

社会福祉法人子どもの虐待防止センター主催[養育家庭里親・養親対象研修2019]子どもと生い立ちを共にふりかえる

日時:2020年2月21日(金)10:30 ~ 15:00
会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター  センター棟405号室
小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩7分
(東京都渋谷区代々木神園町3ー1)

 

主催:社会福祉法人子どもの虐待防止センター
対象:養育家庭の里親・養親、児童相談所職員、里親支援専門相談員など
定員:50名(定員になり次第〆切)  ※保育はありません
受講料:5,000円(CCAP賛助会員の方は 4,500円)
講師:給前 麻実子、水木 理恵
(臨床心理士、CCAP主催アタッチメント形成のための心理療法プログラム担当 スタッフ、連続講座講師)

社会福祉法人子どもの虐待防止センターでは、特別養親サロンをはじめ、電話相談や 「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」などの里親・養親支援を行っています。今年度は新たに社会的養護の子どもの子育てにおいて、重要なテーマを学ぶ連続講座を開催しました。
今回の研修では、里親・養親の皆さんが子育ての中で直面する事実告知や、子どもの生い立ちをふりかえることの意味を改めて考え、親が子どもの生い立ちに触れるのをためらったり難しく感じたりする気持ちはどこから来るものなのか、実際の生活の中で子どもと生い立ちをふりかえるための言葉選びはどうすればよいかなどについて一緒に考えたいと思います。

※2020年度「アタッチメント形成のための心理療法プログラム」のご案内も予定しています。

スケジュール:

時 間 内    容
10:00~ 受付開始
10:30~12:00 【講義】生い立ちを紡ぐとは?
昼 食 休 憩
13:00~14:30 【講義】子どもの生い立ちの整理への姿勢と日常での実践
14:30~15:00 質疑応答

(1)FAXで申し込む
参加申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、 事務局までFAXでお送りください。受付後、受講番号と振込口座を明記した受講票をFAXにて返信します。受講番号確認後、受講料をお振り込みください。

 

(2)WEBで申し込む
お問い合わせフォーム(種別:3.セミナーの申し込み)の各項目をご入力の上、送信してください。 受付後、受講番号と振込口座を明記した受講票(PDF)を、メールに添付して返信します。受講番号確認後、受講料をお振り込みください。

 

*入金後の返金はできませんのでご注意ください。

会員割引:
会員割引当法人主催セミナーには会員割引があります。セミナーお申し込みと同時にご入会いただければ、会員料金でご参加できます。入会ご希望の方は事務局までご連絡ください。また、会員の方には、セミナーのお知らせや子どもの虐待に関する取り組みをレポートする機関紙「CAPニューズ」(季刊)をお送りしています。

お問い合わせ:
社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局
FAX 03-6909-0982 / TEL 03-6909-0981
https://www.ccap.or.jp/

2020.01.07 更新

全国養子縁組団体協議会 コムオベーレ共催 養親のためのワークショップ「子どもに記す物語:書き込み式ノートブックを使って思いを言葉に」

 

お子さんを幸せにしたい、お子さんと一緒に幸せになりたいと思って親になったあなた。子どもに伝えるのは、出生の経緯だけではないことはすでに十分ご存じですね。夫婦が出会うまでの物語、お子さんを迎えるまでに二人が歩んだ道のり、お子さんを迎えてからの気持ち。日々話す、手紙で伝える、手作りの絵本、いろいろな方法を考えているのではないかと思います。このたび、お子さんに記し、伝えることをサポートしてくれるノートブックを、養子の当事者、長谷部さんが作成しました。ノートの問いかけに答えていく形で、世界で1冊だけのノートが完成します。

発刊を記念して、長谷部さんご自身を講師にお招きし、長谷部さんのライフストーリー、ノートを刊行する思い、ノートの記し方をお話いただきたいと思います。また、実際に、いくつかの質問について、ワークをしてみましょう。文字にし、口から言葉が発せられたら、きっと言葉の命が湧いてくると思います。ノートに向き合おうとしている方々と一緒に、語り合う機会がもてたらと思います。養親以外の方も参加可能です。ご参加をお待ちしています。

日時:2020年2月1日(土)13時~16時(12時45分開場)
場所:JR田町駅近く(参加者にご連絡します)
対象:養親、里親、支援者、子どもの立場の方、その他関心がある方
参加費:一般 お一人3500円(ブックレット1冊を含みます)、お二人組5000円(ブックレットは1冊)、全国養子縁組団体協議会会員2000円(ブックレット1冊)
定員:35名(先着順)
共催:全国養子縁組団体協議会・コムオベーレ
冊子『LOVE STORIES(ラブストーリーズ)』

LOVE STORIES(ラブストーリーズ)は、養親から養子の子への思いを書き留める書き込み式ノートブック。

時に私たちは家族であることに甘えてしまい、お互いを理解しようとすることを忘れてしまいます。養親が他の誰でもなく「あなた」をこんなにも愛しているという気持ちや、どのようにして自分がこの家に来たのかを知ることによって家族の絆がより深まると嬉しく思います。

未来の子どもに、永遠に続く愛の話を残しませんか?