イベント情報

イベント情報 外部のイベント告知 特別養子縁組

2019.02.07 更新

日本フォスターケア研究会 「里親制度国際シンポジウム」のご案内

日時:
2019年2月15日(金) 13:30~16:40  ※13時開場
場所:
新宿文化センター 小ホール (東京都新宿区新宿6-14-1)
対象:
社会的養護・里親制度に関心のある方、里親、児童養護施設・乳児院の職員、 里親支援専門相談員、家庭支援専門相談員、行政関係者、研究者等
定員:
210名


主催:
里親制度国際シンポジウム実行委員会 (主管:日本フォスターケア研究会/その他:公益財団法人全国里親会、I FCAなど)

後援:
全国児童養護施設協議会、全国乳児福祉協議会、全国児童家庭支援センター協議会、
日本ファミリーホーム協議会、東京都、東京都23区長会など

概要:
虐待や親の病気など様々な理由で家庭で暮らせない子どもを必要な期間だけ家庭に受け入れる「里親制度」。日本では里親などへの子どもの委託率は約18%と低い水準ですが、国は大幅に引き上げようとしています。今回は、米国の里親家庭や施設などで育った「当事者ユース」が制度改善のために活動してきた手法や成果、日本でも始まったユースの活動などを紹介し、日本の里親制度の望ましい方向性について考えます。
「新たな社会的養育の在り方に関する検討会」(座長:奥山眞紀子・国立成育医療研究センターこころの診療部長)が2017年8月に発表した「新しい社会的養育ビジョン」に、「当事者参画」が盛り込まれました。社会的養護のもとを巣立った子ども(当事者ユース)」が成人し自立する際の支援は「当事者の参画と協働を基本原則とする」とされていますが、当事者参画について行政の具体的な方針が確立していくのはこれからです。
日本でも動き始めた当事者参画の一例と米国の先進事例を知るこれまでにない内容のシンポジウムです。下記からお申し込みの上、ご来場をお待ちしております。

基調講演:
「米国の当事者ユースによる里親制度等への参画」
米国ユース組織「カリフォルニア・ユース・コネクション(CYC)」エグゼクティブ・ディレクター
アイデ・クーザ氏

CYCは米国にたくさんあるユース組織の中でも約30年の歴史を持つ老舗で、全米のユース組織で広く採り入れられているユーストレーニングの手法はこの団体から始まりました。アイデさんは16歳の時にCYCの創立に関与した後、Youth In Mindというユース組織のエグゼクティブ・ディレクターやアラメダ郡の⻘少年擁護者プログラムディレクターなどを経験しています。

講演の内容:
▼ CYC の理念と活動 ▼ どのような場面・手法で行政や立法等に働きかけるのか
▼ 法律制定など活動成果 ▼ 当事者参画やそのためのトレーニングの具体的な内容
▼ 当事者ユースが里親研修で講師を務める際の講義内容 ▼ 日本へのメッセージ̶

発表・ディスカッション:
厚生労働省・島玲志専門官「日本の里親制度の現状」(20 分)
日本のユース2 名「日本でも始まった当事者ユースの活動」(35 分)
パネルディスカッション(40 分) コーディネーター= 林浩康・日本女子大教授

参加費: 1000円 (資料代含む)

申込方法:
①氏名、居住都府県、メールアドレスか電話番号を書いて下記へ
FAX: 055-267-0510
メール: jafca1502@gmail.com
②インターネットの専用ページから

 

 

取材問い合わせ先:
日本フォスターケア研究会理事:青葉(090-6938-0246)

2018.11.14 更新

日本子ども虐待防止学会 日本財団スポンサードセッション 「養子縁組家庭支援のグッドプラクティスを考える」開催のお知らせ

日時:
12月1日(土)9:30〜11:00
場所:
川崎医療福祉大学 講義棟 3F 講義室3601(〒701-0193 岡山県倉敷市松島288)

日本財団は今年も日本こども虐待防止学会でスポンサードセッションを実施いたします。
※このセッションに参加するには日本子ども虐待防止学会への参加が必要になります。スポンサードセッションへの申し込みは不要ですので、当日直接会場にお越しください。

改正児童福祉法において、社会的養護を必要とする子どもは家庭と同様の養育環境で育てることが理念として規定され、それを具現化する一つの施策として、養子縁組制度の有効活用が期待されている。しかし縁組成立後の養子縁組家庭の実態や生活状況については、それぞれの家族の事情やプライバシーの観点等より、実情を把握することが難しく、これまであまり調査が行われてこなかった。そのため、今後期待されている養子縁組支援政策の発展のための科学的根拠が乏しいといえる。

本シンポジウムでは、2016年から2017年にかけて日本財団が実施した養子縁組大規模調査のデータを再分析することにより、より良い政策提言の根拠を議論することを目的とする。本調査の分析にあたっては親の視点だけでなく子どもの満足度等による子どもの視点からの養子縁組についての評価も行い、建設的な議論を行いたいと考えている。

基調講演として、養子縁組調査2次分析の概要、家族支援のためのエビデンス

①親子の満足度に影響する因子と

②子どもの満足度に影響する因子について発表した後、養子縁組家庭支援のグッドプラクティスについて、行政、民間養子縁組団体、当事者などを交えて議論する。

主催:⽇本財団
座長:高橋 恵里子(日本財団)
基調講演:和田 一郎(花園大学)
発表者:福井 充(福岡市子ども未来局総務企画課)
発表者:ロング 朋子(一般社団法人ベアホープ)
発表者:近藤 愛(養子当事者)

日本虐待防止学会のホームページはこちらから

2018.11.06 更新

日本財団共催 SOS子どもの村JAPAN 東京、福岡フォーラム開催のお知らせ 受付中

「英国の里親支援
ソーシャルワークに学ぶ」
~フォスタリング機関のこれから~

児童福祉法改正から2年、厚生労働省はいよいよ各都道府県に「社会的養護推進計画」の策定を通知するとともに、今後の里親養育を包括的に支援する「フォスタリング機関のガイドライン(案)」を示しました。この新しいフォスタリング機関(里親支援機関)は、今後のわが国の里親養育推進と子どもたちの最善の利益を実現するための鍵となるものです。
「SOS子どもの村JAPAN 」では、これまで2年間に亘り、里親先進国であるイギリスから講師を招き、「フォスタリングチェンジ・プログラム」をはじめ、里親登録前研修「Skills to Foster」などの里親支援について学んできました。
今回は、イギリスの里親支援の中心にある里親ソーシャルワークの基本や里親ソーシャルワーカーの役割について学び、これから始まるフォスタリング機関やそれを担う里親ソーシャルワーカーの在り方について、皆さまとともに学び、考えていきたいと思います。

主催:認定NPO法人 SOS子どもの村JAPAN
共催:公益財団法人 日本財団
後援:子どもの家庭養育推進官民協議会

[東京フォーラム] 終了
2019年3月2(土) 13:00 ~17:00
日本財団2 F 大会議室
東京都港区赤坂1丁目2-2 日本財団ビル
■ 東京メトロ「虎ノ門駅」「国会議事堂前駅」「溜池山王駅」より徒歩約5分

 

 

[九州フォーラム] 終了
2019年3月10日(日) 13:00 ~17:00
西南コミュニティセンター
福岡市早良区西新6丁目2-92
■ 地下鉄「西新駅(3番出口)」徒歩5分、西鉄バス「修猷館前」徒歩5分
※ 両会場には駐車場はありません

 

 

< 参加費 >
早割(2018年12月28日までにお支払の方)
●一般参加者:3,000円
●支援会員:無料
○通常(2019年1月7日~2月20日までにお支払の方)
●一般参加者:3,500円
●支援会員:1,000円

※2018年12月29日~2019年1月6日の期間は、受付を休止致します。
※お申し込み後の参加費の払い戻しはできません。
ただし、諸事情による開催中止の場合には、別途ご案内させていただきます。
※事前に請求書が必要な方は、参加申込み後に届く自動返信メールに詳細の説明がございます。
まずは参加申込み手続きをお済ませください。

 

2018.08.06 更新

9月3日「すべての子どもが愛されて育つために」シンポジウム開催のお知らせ

日時:
2018年9月3日(月)13:30~16:30
場所:
よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
定員:
500人(無料)

ネットでのお申し込みは9月2日(日)18時までとさせていただきます。但し参加申込人数が定員(500名様)に達しましたら、申込み受付を終了とさせていただきます。

シンポジウム「すべての子どもが愛されて育つために」

~親⼦⽀援から⾥親、特別養⼦縁組など様々な家族のかたちを考える~

2018年3月に目黒で起きた船戸結愛(ゆあ)ちゃんの虐待死事件は、多くの人の心をゆさぶりました。日本のどこの地域で、どんな親から生まれても、子どもには親、もしくは親に代わる存在に愛されて安全に生活する権利があります。生みの親が子育てに課題を持っている場合はまず家庭を支援することが大切で、それでも改善しない場合には適切なタイミングでの子どもの保護が必要です。また、保護された後、実家庭に戻ることができない、または戻ることがふさわしくない子どもには、里親や特別養子縁組などの制度であたたかい家庭で育つ機会を提供することも同じように重要な課題です。
日本では2016年に児童福祉法が抜本的に改正され、2017年には厚生労働省から新しい社会的養育ビジョンが発表されました。大きな転換期にある児童福祉の流れをあらためて理解するとともに、これから私たちに何ができるのか、シンポジウムを通じて考えていきたいと思います。

主催:日本財団 共催:読売新聞社 後援:厚生労働省(予定)、子どもの家庭養育推進官民協議会

スケジュール
13:30〜13:35 開会挨拶 笹川 陽平(⽇本財団会⻑)
13:35〜13:40 来賓挨拶 濵谷 浩樹(厚生労働省子ども家庭局長)
13:40〜14:10 基調講演1 「特別養⼦縁組で得た幸せ」
瀬奈じゅん(元宝塚歌劇団・養親当事者)
14:10〜14:40 基調講演2 「真に⼦どもを⼤事にする国を⽬指して」
塩崎 恭久(衆議院議員・前厚⽣労働⼤⾂)
15:00〜16:30 パネルディスカッション
コーディネーター:猪熊 律⼦(読売新聞東京本社編集委員)
パネリスト:奥山 眞紀子(国⽴成育医療研究センターこころの診療部統括部⻑)
藤林 武史(精神科医師・福岡市こども総合相談センター所⻑)
中村 みどり(CVV副代表・NPO法⼈キーアセットソーシャルワーカー)
⾼橋 恵⾥⼦ (⽇本財団公益事業部国内事業開発チームリーダー)

申し込み方法 お申し込みフォーム外部サイトからお申し込みください。(先着順)

ネットでのお申し込みは9月2日(日)18時までとさせていただきます。但し参加申込人数が定員(500名様)に達しましたら、申込み受付を終了とさせていただきます。


シンポジウムプログラム詳細(PDF/1.03MB)

2018.05.24 更新

平成29年度子どもの家庭養育推進官民協議会研修会を開催いたします!

平成29年度子どもの家庭養育推進官民協議会研修会の参加登録を開始しましたので、お知らせいたします。

今回の研修では、市と里親家庭支援センターが連携して里親等への委託を推進し、平成27年度委託率が46.9%で全国1位となった静岡市の取組について、学術的な視点を交えて紹介いたします。
また、養育中の里親への支援で大きな成果が期待される「フォスタリングチェンジ・プログラム」について、大学・行政・里親の立場からこれまでの実践状況について議論を深めていくことで、今後、同プログラムを導入、推進していくうえでのポイントを情報として提供いたします。

主催:子どもの家庭養育推進官民協議会 静岡市

静岡市における里親等委託推進に関する講演会〈13:00~14:20〉
・主催者挨拶
・講演会「里親支援のための連携の在り方について」
講師 静岡福祉大学 相原眞人教授
・パネルディスカッション
パネラー:静岡市、静岡市里親家庭支援センター、静岡市里親会
コーディネーター:静岡福祉大学 相原眞人教授

フォスタリングチェンジ・プログラム講演会〈14:30~16:15〉
・講演会「フォスタリングチェンジ・プログラムとは」
講師 長野大学 上鹿渡和宏教授
・パネルディスカッション
パネラー:実施団体ファシリテーター(三重県、福岡市、静岡市里親家庭支援センター)
プログラムを受講された里親さん数名
コーディネーター:広島国際大学 松﨑佳子教授
アドバイザー:長野大学 上鹿渡和宏教授