養子当事者インタビュー

第一回「家庭の中で育った幸せ、家庭を築けた感謝」

第1回にご登場いただく40歳代後半の女性Kさんは、特別養子縁組制度ができる以前に普通養子縁組で家庭に迎えられました。養親からの真実告知はなく、高校生になって自ら調査して知ったそうです。現在はご自分のお子さんも成長され、ご両親をサポートすることで恩返しをしたいと語るKさん。これまでのご経験をお話しいただきました。

詳細はこちらから 

 

第2回「晴れて成人式を迎えた日、父は涙していました」

第2回にご登場いただくのは、20歳代前半の女性Nさん。特別養子縁組制度を通して、1歳未満で家庭に迎えられました。落ち着いた家庭環境で、大事に育てられてきたそうです。周囲は自然にも恵まれた環境で、もしご自分が子どもを持ったら「実家で子育てをしたい」と語ります。この春大学を卒業し、社会人となるNさんに生い立ちを振り返っていただきました。

詳細はこちらから 

第3回「真の意味で子どもの権利を守る制度であるために」

第3回は20歳代前半の男性Mさんです。2歳半のときに乳児院から家庭に迎えられたMさんは、幼少期から聞き分けの良い子どもだったそうですが、父からの厳しい教育や母からの過干渉など、家庭環境はつらいことが多かったと振り返ります。ご自身が両親との関係に悩んだことを、これからの特別養子縁組制度の運用に生かしてほしいという思いで、講演活動もなさっています。これからの特別養子縁組家庭のサポートに何が必要か、当事者の視点で語っていただきました。

詳細はこちらから