イベント・メディア情報

2016.09.14 更新

全国妊娠SOSネットワーク主催・日本財団共催 妊娠SOS相談員向けスキルアップ研修

「ニュースからひも解く~妊娠相談窓口は何ができたか~」&これからの全妊ネット

0か月目の子どもの虐待死事件のニュースを聞くたびに、「自分には何ができたのだろう」「どうしたらその命を救うことができたのだろう」と心を痛めつつ振り返ることがあるかと思います。今回のスキルアップ研修では、思いがけない妊娠をして悩む女性と関わる機会のある専門職の方々とともに、最近のニュースを振り返り、当事者の背景やニーズを分析しつつ、求められる支援と防止策の可能性について一緒に考え学ぶ機会とします。
医療、保健、福祉、教育に携わるみなさま、ぜひセミナーと懇親会の両方にご参加ください!

コメンテーター:
榊原 智子(読売新聞東京本社調査研究本部)
姜 恩和(埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉子ども学科)
日時:2016年11月24日(木)18:15~19:50(18時開場)
※参加無料!
場所:大阪国際会議場1005(※10階に直接お上がりください)
定員:80名
参加対象者:妊娠相談に携わる方、予期せぬ妊娠に悩む女性と関わる医療・保健・福祉・教育職職の方々

詳しくは全妊ネットのHPをチェック!

チラシはこちらから⇒11月24日前夜祭 チラシ

懇親会:同日20:00~22:00

場所:リーガロイヤルホテルウエストウイング1階「オールデイダイニング リモネ」(大阪国際会議場となり)
懇親会費:一人5,600円

※研修・懇親会ともに:
「全妊ネット 第2回妊娠SOS相談員向けスキルアップ研修&懇親会 in 大阪 申し込みフォーム」からお申し込みください!

<振込先> ゆうちょ銀行   記号:10160 番号:56503861
他金融機関からは、店名:018 普通 口座番号:5650386 「全国妊娠SOSネットワーク」

※11月25日(金)14:25~15:55の日本子ども虐待防止学会 第22回学術集会おおさか大会での全妊ネットによる応募シンポジウム「母子保健サービスの切れ目を埋める妊娠相談と貧困妊婦への支援を考える」にもぜひご参加ください。詳しくはこちらから

「日本子ども虐待防止学会 第22回学術集会おおさか大会」
の事前登録も開始しておりますので、お知らせいたします。

テーマ:「新たな支援の創造」
日時:2016年11月25日(金)9:30-17:45
11月26日(土)9:00-17:30(いずれも予定)
場所:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)

0001

大会コンセプト、全体講演、教育講演、後援団体等の内容はこちら→大会開催概要(PDF)

【事前参加登録のご案内】
事前参加登録いただきますと,参加費用の割引が適用されます。
第1次割引は9月30日(金)までです。
登録はこちらから

【宿泊先の確保について】
ここ最近、大阪ではホテルの客室稼働率が非常に高い状況が続いております。特に大会の開催時期は紅葉のシーズンであり、大阪のみならず周辺地域においても満室状態となることが予想されます。
参加受付業務を委託している旅行会社(日本旅行)を通じて客室を確保しておりますが、宿泊先の確保については十分ご注意ください。