イベント・メディア情報

2015.05.08 更新

【6月8日(月)開催】シンポジウム:子どもが家庭で暮らす社会にむけての道しるべ ~中央・東ヨーロッパで家庭養護を推進してきた経験から~ 参加申し込みを開始しました!

WEBルーモスFINAL
ダウンロード用 シンポジウム チラシはこちらをクリック!

日時:6月8日(月)、15:00~17:00(受付開始:14:30)
場所:日本財団 2階大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
共催:ルーモス、日本財団
協力:(特非)キーアセット、(公財)全国里親会
定員:200名(先着、事前申し込み制)
参加費:無料

日・英同時通訳あり

プログラム(仮):
開会挨拶 尾形武寿(日本財団理事長)
解説     上鹿渡和宏(長野大学准教授、児童精神科医)
特別講演 ジョルジェット・ムルヘア(ルーモス CEO)
講演          アンドル・ユルモス (欧州委員会 地域・都市政策総局 政策アナリスト)

参加ご希望の方は以下、URLからお申込みください。
http://www.kokuchpro.com/event/happy_yurikago/

●ルーモスとは
ハリー・ポッターの著者、J.K.ローリングが2005年に創設したイギリスの国際的NGO。世界中で、子ども達が施設ではなく家庭で暮らすための体制作りを支援する活動を行っている。特にモルドバ、チェコ、ブルガリアなどの中央・東ヨーロッパにおいて、子どもが実親の下で暮らし続けられるようにする支援、里親など家庭養護への移行、また家族再統合の促進により、家庭で暮らす子どもの数を増やす支援を実施してきた。多くの施設が母子の支援施設、保育園、里親を支援する組織などに役割を転換している。最近は、ハイチやカンボジアなどでも活動を始めている。世界銀行、米国国際開発庁(USAID)、カナダ国際開発庁(CIDA)などと共に「子どものためのグローバル・アライアンス(Global Alliance for Children)」のメンバーでもある。2015年4月、ルーモスUSAオフィス開設。

●ジョルジェット・ムルヘア (ルーモス CEO)
1993年からルーマニアを皮切りにこれまで23カ国で大規模な家庭養護推進プログラムを先導。2011年からルーモスのCEOに就任。世界で最も影響のあるソーシャルワーカー30人の一人に選ばれている。

<本件に関するお問い合わせ>
日本財団 ハッピーゆりかごプロジェクト
担当:高橋、粟野
Email: tokubetsu_youshi@ps.nippon-foundation.or.jp
TEL: 03-6229-5111(代表)