イベント・メディア情報

2015.03.06 更新

養子の日にむけて写真やメッセージを募集します!

特別養子縁組の良さや制度普及の必要性を訴えるメッセージや写真をお寄せください!

 

1.趣旨

生みの親が育てることのできない赤ちゃんや子ども達に、愛情ある家庭で育つ機会を提供するために制度化された特別養子縁組。アメリカでは約5万人、イギリスでは約4300人の子どもたちが養子縁組されている一方、日本では、あまりこの制度が知られていないことや制度上の問題もあり、年間400件程度の利用にとどまっているのが現状です。

 

そこで特別養子縁組の普及を目指す日本財団の「ハッピーゆりかごプロジェクト」では、全ての赤ちゃんが家庭で育つ権利があり、その1つの手段として、特別養子縁組制度があることを一般の人にも広く伝えることを目的に周知啓発キャンペーンを開催します。キャンペーンの一環でこの度、実際に特別養子縁組を実施した養親・養子の方、縁組を望んでいる方、特別養子縁組を仲介・支援している団体、医療関係者、制度に深く関心がある一般の方から、写真やメッセージを募集することになりました。

 

日本での特別養子縁組制度の周知啓発、普及のためには、当事者や関心のある皆様からの視点やご意見が大変重要になると考えております。何卒ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

※お寄せいただいた写真やメッセージは、こちらの「ハッピーゆりかごプロジェクト」ホームページや日本財団の公式サイト、公式SNS、養子の日のパネル等で紹介させていただきます。(パネルへの掲載は3月25日送付分まで)。

写真はお子さんの写真や親子かご夫婦の写真をお送りください。後ろ姿や手と手をつないだ写真など、養子縁組をテーマとしたものであれば顔が写っていなくても構いません。

 

2.募集期間

2015年3月6日から5月5日まで受け付けています。

<抽選で20名様に本のプレゼント!> 

キャンペーンの趣旨にふさわしいかどうか内容を見て掲載を判断します。掲載された方にはご協力の御礼として、書籍『「赤ちゃん縁組」で虐待死をなくす ~愛知方式がつないだ命』(矢満田篤二/著 萬屋育子/著)を贈呈します(抽選で20名様)。ご希望の方は、お名前、住所、電話番号もお書きください。

 

3.提出方法 (1または2の方法でお願いします!)

1.記入用紙をダウンロード応募用紙(←クリックでダウンロード可)

記入用紙にメッセージ(20~200字)を記入して電子メールまたはFAXでお送りください。

2.以下をメールに直接書き込んで送信してください。

※プレゼント希望の方はお名前、住所、電話番号もお書きください。

  • ペンネーム:
  • 氏名:
  • 性別:
  • 所属:
  • 住所:
  • 電話番号:

※メッセージ掲載時のお名前の公表方法 (☑を入れてください)

   □ 実名を公表   □ ペンネームで公表  □ 匿名で公表

  実名(例):「●県●市 団体A 山田太郎」

 ペンネーム(例):「●県●市 ペンネーム」

3.写真はメールに添付してお送りください。

 

【送付先】

日本財団「ハッピーゆりかごプロジェクト」事務局

メール:tokubetsu_youshi@ps.nippon-foundation.or.jp

FAX:03-6229-5599

 

4.問い合わせ先

日本財団「ハッピーゆりかごプロジェクト」事務局 担当:高橋恵里子、赤尾、柏田

電話 03-6229-5181(日本財団代表)