イベント・メディア情報

2018.09.21 更新

主催:ISSJ、助成:日本財団 セミナー開催のお知らせ【NEW】

日時:
2018年11月23日(金、祝)10:00-17:00
場所:
大正大学 7号館7階742教室
定員:
50名 参加費無料

「ポスト・アダプション サービスの実践に向けて~養子縁組家族のために~」

家庭養護の促進に向け、英国の養子縁組支援機関(PAK-UK)から家族支援の専門家を招聘したセミナーを開催いたします。児童相談所・養子縁組支援団体等の支援者、社会的養護や家庭養護にご関心のある方のご参加をお待ちしております。14:45~のワークショップは、養子縁組当事者(養親・養子家族)もご参加いただけます。

プログラム(※同時・逐次通訳付き)

10:00~10:35 英国におけるポストアダプションサービスの取り組み及び養親支援の事例
10:40~12:00

 

養子縁組における養親・養子のアセスメント手法

 

午後のワークショップは、①か②のどちらかをお選びいただけます。申込の際にお知らせ下さい。

12:45~14:30

 

様々な課題に直面する養親への支援の実践 子どもに対するライフストーリーワークの実践
14:45~17:00 情緒・行動上の問題がある子どもとの親子関係の築き方 子どもへの真実告知とライフストーリーの伝え方

 

講師:英国 養子縁組支援機関PAC-UK (Post-Adoption Centre –UK)

1986年に設立された英国で最も規模の大きい養子縁組支援機関。養子縁組後の支援サービスの先駆的組織であり、縁組後の養子・養親・実親等への直接的な支援に加え、ソーシャルワーカーや学校の教員など社会的養護に関わる専門職への研修を実施。

<お申込み>

お申込はウェブ申込フォームもしくはメールにて、ご出席される方のお名前、ご所属、ご希望のワークショップ(①・②いずれか)を、お知らせ下さい。また、養子縁組当事者としてご参加の方は、その旨お伝えください。なお、定員(50名)になり次第、締め切らせていただきます。

Google formの申し込みはこちら

 

 

<PDFチラシ> seminar_20181123.pdf

<連絡先>

社会福祉法人 日本国際社会事業団(ISSJ)

〒113-0034 東京都文京区湯島1-10-2 御茶ノ水K&Kビル3F

TEL:(03)5840-5711      FAX:(03)3868-0415      E-mail:issj@issj.org

2018.09.19 更新

主催:キーアセット、共催:大阪府「第1回 はぐくみ映像コンペ」公募のご案内【NEW】

親元を離れて暮らす子どもたち、45,000人という事実。
社会を変える、映像を募集します。

いっしょに暮らすだけで、うれしくてたまらない子どもたちがいます。
わたしたちは、里親制度の、まちがえた捉え方や、勘違いを伝えなおすべく立ちあがりました。
里親は子どもたちの笑顔に支えられて暮らし、子どもたちに感謝しています。
日本の映画会は世界も注目するクリエイターの皆様が多く存在しています。
愛情豊かに暮らす子どもたちの笑顔を、皆さまのチカラで映像に、ポスターに。表現してください。
クリエイターの皆さま、あなたの作品のチカラで社会を変え、子どもたちの未来を変えてみませんか。

コンセプト

作品テーマ

いままで伝えられなかった笑顔あふれる、里親と、その家庭に来る子どもたちの オリジナル物語のショートフィルムや物語、ビジュアル表現を大募集します。 あなたのチカラと、表現で社会を変えてみませんか。

コンテストの目的

里親の活動とその内容について社会へ向けた正しい理解と、家庭養育を推進するために必要となる「はぐくみホーム」の普及活動を目的とする。 家庭と同様の環境において子どもたちを養育することができる「はぐくみホーム」(大阪府の養育里親の愛称)の活動を映像表現し、より多くの方に 「はぐくみホーム」を知ってもらう事と、広報活動が難しい制度の為、新しい切り口の見本となる表現を発見し、そのビジュアルや考え方を広報活動の一環として役立てる事を目的としています。

賞金

  • 最優秀作品グランプリ1点 賞金35万円
  • 「ショートフィルム部門」 優秀作品賞1点 賞金5万円
  • 「一般動画部門」 優秀作品賞1点 賞金5万円
  • 「自由表現部門」 優秀作品賞1点 賞金5万円

映像募集について

作品募集

ダウンロード用公募詳細はコチラ

テーマを「はぐくみ」とし、親子、友情、様々なシーンでの「はぐくみ」を作品化してください。
愛情豊かに生きていく姿をとらえた、チカラ溢れる作品をお待ちしております。

①「ショートフィルム部門」作品ジャンル不問(30秒~30分程度)
テーマである「はぐくみ」を捉えたオリジナル映像とします。
制作ジャンルはショートフィルム/アニメーション/紙芝居/写真/芝居/ダンスなど動画で制作されたものであればジャンルは問いません。

②「一般動画部門」作品ジャンル不問
一般の方でスマートフォンを中心に簡単に制作された作品。
こちらも上記と同様に、制作ジャンルは問いません。

③「自由表現部門」作品ジャンル不問
写真・イラスト・ポスター・オリジナル物語・歌など①②に当てはまらない、テーマに沿った作品でご参加下さい。 作品ジャンルは同じく問いません。
応募形式はPDF・JPEG等の形式でB2サイズまでとしてください。

作品募集の補足

作品は動画であれば、その種類は問いません。実写、アニメーション、スライドショート物語が映像となって伝えるものであれば作品の種類は問いません。例えば表現する際に、ダンス映像であろうと問題ありません。できる限り、沢山の方に参加して頂きたいと考えております。

参加作品数

・ひとり、または1グループ、何作品でも応募頂けます。
※但し類似作品は1作品とさせて頂きます。

募集対象

・個人/団体、アマチュア/プロを問わずどなたでも参加可能です。また、日本国内外を問いません。

結果発表2019年3月21日(予定変更あり)
WEB/キーアセットWEBサイトにて http://www.keyassetsnpo.jp/hagukumicomp
表彰式/2019年3月21日(木) KKRホテル大阪

応募者はそれぞれ上記WEBサイトにてご確認頂きますようお願い致します。
尚、当選獲得の方には上記同日にメールにてお知らせさせて頂きます。
残念ながら落選された方にはお知らせしませんので、ご了承ください。

作品公募内容詳細確認
NPO法人キーアセットWEBサイトにて  http://www.keyassetsnpo.jp/hagukumicomp

※公募内容およびイベント内容の詳細は変更となる場合があります。ご了承ください。

2018.09.11 更新

日本ソーシャルワーカー協会特別養子縁組研修2018のご案内【NEW】

日時:
2018年9月29日(土)10:00-12:00
場所:
上智大学四谷キャンパス6号館2階202教室 (東京都千代田区紀尾井町7-1)
対象:
養子縁組をお考えの方、当協会会員、その他ご関心のある方
定員:
100人(先着順)

特別養子縁組研修・2018

「私たちのカゾクのカタチ」

本研修は、特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会が主催する研修です。特別養子縁組に関する法的な整備が行われつつありますが、公共(ここでは行政のみを指すのではなく、広く一般市民のアクセスしやすい、かつ公平な機関を指す)のプラットフォームは整備されていない実情があります。児童の福祉に基づいた支援が行われるよう、経験のある専門家、当事者家族等からの発言から、特別養子縁組の現状と課題、そして、児童の権利、女性の権利について考える機会とします。また、対象者も広く一般にも呼びかけ、養親希望者や関心のある方にも参加いただき、質問コーナーやアンケートにて、市民の民意を把握する機会とします。

参加費:2,000円(税込)
主催:特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会
共催:一般社団法人アクロスジャパン
内容:「私たちのカゾクのカタチー特別養子縁組にまつわる変化(2018)」
Speaker 末永亜衣 (JASW理事)
小川多鶴 (一般社団法人アクロスジャパン代表理事)
養子縁組でお子さんを迎えた方(養親当事者)

研修詳細ポスター(pdf)

 

 

 

2018.08.06 更新

9月3日「すべての子どもが愛されて育つために」シンポジウム開催のお知らせ

日時:
2018年9月3日(月)13:30~16:30
場所:
よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
定員:
500人(無料)

ネットでのお申し込みは9月2日(日)18時までとさせていただきます。但し参加申込人数が定員(500名様)に達しましたら、申込み受付を終了とさせていただきます。

シンポジウム「すべての子どもが愛されて育つために」

~親⼦⽀援から⾥親、特別養⼦縁組など様々な家族のかたちを考える~

2018年3月に目黒で起きた船戸結愛(ゆあ)ちゃんの虐待死事件は、多くの人の心をゆさぶりました。日本のどこの地域で、どんな親から生まれても、子どもには親、もしくは親に代わる存在に愛されて安全に生活する権利があります。生みの親が子育てに課題を持っている場合はまず家庭を支援することが大切で、それでも改善しない場合には適切なタイミングでの子どもの保護が必要です。また、保護された後、実家庭に戻ることができない、または戻ることがふさわしくない子どもには、里親や特別養子縁組などの制度であたたかい家庭で育つ機会を提供することも同じように重要な課題です。
日本では2016年に児童福祉法が抜本的に改正され、2017年には厚生労働省から新しい社会的養育ビジョンが発表されました。大きな転換期にある児童福祉の流れをあらためて理解するとともに、これから私たちに何ができるのか、シンポジウムを通じて考えていきたいと思います。

主催:日本財団 共催:読売新聞社 後援:厚生労働省(予定)、子どもの家庭養育推進官民協議会

スケジュール
13:30〜13:35 開会挨拶 笹川 陽平(⽇本財団会⻑)
13:35〜13:40 来賓挨拶 濵谷 浩樹(厚生労働省子ども家庭局長)
13:40〜14:10 基調講演1 「特別養⼦縁組で得た幸せ」
瀬奈じゅん(元宝塚歌劇団・養親当事者)
14:10〜14:40 基調講演2 「真に⼦どもを⼤事にする国を⽬指して」
塩崎 恭久(衆議院議員・前厚⽣労働⼤⾂)
15:00〜16:30 パネルディスカッション
コーディネーター:猪熊 律⼦(読売新聞東京本社編集委員)
パネリスト:奥山 眞紀子(国⽴成育医療研究センターこころの診療部統括部⻑)
藤林 武史(精神科医師・福岡市こども総合相談センター所⻑)
中村 みどり(CVV副代表・NPO法⼈キーアセットソーシャルワーカー)
⾼橋 恵⾥⼦ (⽇本財団公益事業部国内事業開発チームリーダー)

申し込み方法 お申し込みフォーム外部サイトからお申し込みください。(先着順)

ネットでのお申し込みは9月2日(日)18時までとさせていただきます。但し参加申込人数が定員(500名様)に達しましたら、申込み受付を終了とさせていただきます。


シンポジウムプログラム詳細(PDF/1.03MB)

2018.07.03 更新

日本ボーイズタウンプログラム 「安心で安全な里親支援の方法」シンポジウム開催のご案内

安心で安全な里親支援の方法

ーBoys  Town、ケンタッキー州の事例から学ぶー

安心で安全な社会的養護の形を作ることが急務となっている現在、先行事例は私達の確かな水先案内人となるでしょう。
早期に里親スタイルを成し遂げたBoys Town、既存のシステムから緩やかに移行したケンタッキー州の事例は、里親支援を模索中の私達に大きな知恵を与えてくれるに違いありません。このシ ンポジウムでは既存の資源を生かした里親への移行からリクルー ト、支援技術とその体制までの概観を学ぶことが出来ます。
里親関係者から児童福祉施設、児童相談所まで幅広い分野からの ご参加をお待ちしております。

 

日時 【大阪】2018年9月10日(月)10:30〜16:00(マイドーム大阪 第1・第2会議室)
【東京】2018年9月13日(木)10:30〜16:00(日本財団 大会議室AB)
主催 一般社団法人日本ボーイズタウンプログラム振興機構
協力・助成 日本財団
共催 US-Japan Advanced Skill Training Center、一般社団法人エンパワメント宮崎、オッジヒューマンネット子育て支援プロジェクト、NPO 法人Com 子育て環境デザインルーム、NPO 法人親支援プログラム研究会、社会福祉法人麦の子会
後援 東京都(予定)、大阪府(予定)、和歌山県(予定)
参加費 1,000円(資料代として当日、会場受付にてお支払いください)
申し込み ご参加いただく場合には、事前登録をお願いします。また、定員(100名)に達し次第、募集を締め切らせていただきます。

 

 

ちらしのダウンロードはこちらから
「安心で安全な里親支援の方法」.pdf

お問い合わせ先:IBPF Japanセミナー運営事務局
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町7-2-2F
メール:info@ibpf-japan.org