イベント・メディア情報

イベント告知(日本財団) メディア関連 子どもの家庭養護推進官民協議会 里親

2018.05.24 更新

6月1日 「子どもの家庭養育推進官民協議会 シンポジウム」を開催いたします【NEW】

2016の4月に設立した「子どもの家庭養育推進官民協議会」では、2017年度事業として、国への政策提言や研修、参加団体のイベントの後援など幅広い活動を行ってまいりました。平成30年度は下記のとおり総会に併せ記者会見、講演会を開催します。日本財団はこの協議会に加盟しており、里親・特別養子縁組の推進に取り組んでおります。

■主催:子どもの家庭養育推進官民協議会
■日時:2018年6月1日(金)13時30分~15時55分
■場所:東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル2F
■参加費:無料
■定員:100名(事前申し込みが必要です)
■内容:
1) 記者発表) 13:30~14:20
子どもの家庭養育推進官民協議会会長(鈴木英敬三重県知事)より協議会の活動報告
各団体トップからのコメント
ロゴマークおよびポスターの発表
政策提言発表、厚生労働大臣(出席依頼中)に提出
写真撮影

2)講演会(公開)14:30~15:20
基調講演:杉山春氏(ルポライター)
テーマ「児童虐待の取材からみた新しい社会的養育ビジョンの意義
パネルディスカッション 15:20~15:50
テーマ「今後のフォスタリング機関のあり方について」
パネラー 上鹿渡和宏(長野大学教授)

渡邊守(キーアセット代表理事)

藤林武史(福岡市こども未来局理事・こども総合相談センター所長)

閉会挨拶 15:50~15:55

 

 

 

※フォームにアクセスできない場合は以下のメールアドレスに
1)参加者のお名前 2)所属団体 3)メールアドレスをお送り下さい。
申し込み締め切り:2018年5月31日(木)

問い合わせ先:子どもの家庭養育推進官民協議会事務局
E-mail : kanmin.jimukyoku(a)gmail.com ※(a)を@に変えてご使用ください。

2018.03.06 更新

4月7日「家族ダイバーシティ」〜よーしの日キャンペーン〜開催 (参加登録開始しました!)

「家族ダイバーシティ」
〜よーしの日キャンペーン〜

日常を共に過ごしたい。
そんな想いを持ってあつまる最小のコミュニティ、それが家族だと思うんです。
だから、構成メンバーだって、さまざま。
本当に一緒になりたい人と、家族をつくる。そこに決まりなんてない。
あなたも考えてみませんか?これからの家族のカタチ。
家族ダイバーシティ、はじまります

現在、生みの親と一緒に暮らせず社会的養護を必要とする子どもは国内で約45000人。2016年に児童福祉法が改正され、こうした子どもたちは、養子縁組や里親・ファミリーホームなどの家庭での育ちを優先することが原則になりました。そこで、4月4日「養子の日」にちなみ、「特別養子縁組」をより多くのひとに知ってもらい、子どもたちが特別養子縁組であたたかい家庭で育つことのできる社会を目指して、養子縁組への理解と深めてもらう周知啓発イベントを行います。

●4月7日(土) イベントのご案内●

<イベント概要>
■日時:2018年4月7日(土) 10:00〜17:00
■場所:SHIBUYA109 EVENT SPACE(1F)…家族ダイバーシティステージ、フォトスポット、体験型アトラクション
千駄ヶ谷区民会館(渋谷区神宮前 1-1-10)…<養子縁組当事者向け>座談会 ※事前申込制
■主催:日本財団
http://happy-yurikago.net/

<各企画紹介:SHIBUYA109 EVENT SPACE>
■ 家族ダイバーシティステージ

家族ダイバーシティをテーマにしたトークショーや、学生によるパフォーマンスを行います。10:00 パフォーマンス 出演:明治大学:Dietz
11:00 トーク  出演:ロング朋子(ベアホープ)、杉本裕子(日本財団)
13:00 パフォーマンス 出演:東京農業大学:Voice-Emotion
14:00 トーク 出演:SAJ〜Stepfamily Association of Japan、徳永祥子(日本財団)
15:00 パフォーマンス 出演:東京農業大学:Voice-Emotion
16:00 トーク 出演:出演:小澤雅人(映画監督)

■ フォトスポット

109前ステージに、家族ダイバーシティをテーマにしたフォトスポットが登場します。

■ 体験型アトラクション

109前ステージで、謎を解く体験型ゲームイベントを開催します。

<各企画紹介:千駄ヶ谷区民会館>
■ <養親縁組当事者向け>座談会 〜じっくり話し合おう〜

養子縁組当事者自身の悩みや共有してみたいことをじっくり話せる座談会です。
・時 間:13:00〜15:30 ※受付12:30〜予定
・会 場:千駄ヶ谷区民会館(渋谷区神宮前 1-1-10

・参加費:無料
・詳 細:
◎一般社団法人ベアホープ ロング朋子氏 ミニトーク
◎参加者フリートーク

〜注意事項〜
※プログラム・出演者等が当日、一部変更になる可能性がございます。
※当日、メディアの取材が入ることが予想されますが予めご了承のほど宜しくお願いいたします。
※当日イベントの様子をスタッフ等がカメラなどで記録させていただきます。
広報資料等で掲載させていただくことがございますが、予めご了承のほど宜しくお願いいたします。

▶お問い合わせ先
家族ダイバーシティ〜よーしの日キャンペーン〜 運営事務局(株式会社グリーンアップル 内)
happy-yurikago@greenapple.jp
TEL. 03-6427-1085 FAX. 03-6418-6607

2018.01.11 更新

日本の子どもの未来を考える研究会 第2回シンポジウムのお知らせ

日時:
2018年2月10日(土)13:00~16:15 (12:30開場)
場所:
日本財団ビル2F(東京都港区赤坂1-2-2)

すべての子どもが日本の子どもとして大切に守られるために
~子ども・子育て施設・社会的養護施策・障害児施策の垣根を越えて妊娠期からの包括的支援と青年期までの機関連携・子ども家庭福祉のあるべき姿を考える~

主催:日本の子どもの未来を考える研究会
協力:日本財団

座長:淑徳大学教授 柏女霊峰
副座長:元 厚生労働省 社会・援護局  障害保健福祉部長 藤井康弘
(福)麦の子会総合施設長 北川聡子

参加費 : 500円(大人1名)
お申し込み:下記のお問い合わせに、氏名(複数可)・職種・経験年数・所属・所属住所・連絡先を明記し、FAXまたはメールで申し込みください。(担当:笠井・鈴木)
問い合わせ先 :麦の子会
メール:muginoko@muginoko.com
電話:011-733-9251
FAX:011-769-0847
締め切り : 2018年2月2日(金)

2017.09.01 更新

あかし里親100%プロジェクト「あかし里親フォーラム」開催のご案内

日時:
10月9日(祝・月)13:30~16:00(13:00開場)
場所:
あかし市民広場(JR明石駅、山陽明石駅南側の明石駅前再開発ビル2階)
定員:
先着300人(事前申し込み)入場無料

明石市主催、日本財団後援協力のシンポジウムが開催されます。スペシャルゲストとしてご自信が乳児院、児童養護施設で乳幼児期を過ごし、その後養子縁組された体験を持つシンガーソングライターの川嶋あいさんが登壇。里親について一緒に考えるフォーラムです。

みなさまのご参加をお待ちしております。

[主催] 明石市

[後援協力] 厚生労働省、日本財団、兵庫県、兵庫県中央地区里親会、家庭養護推進協議会他

 

[スケジュール]
13:00 開場
13:30 第1部
●里親制度と国の取り組みを紹介 厚生労働省による、里親制度の説明
●トークセッション① 川嶋あいさんの体験談や、日本財団による社会的養護の現状の説明
●トークセッション② 明石市の里親子の生活の実際、生活エピソード、明石市の取り組み
第2部
●川嶋あいさん スペシャルライブ
16:00 閉会
フォーラム終了後、里親相談会を実施。家庭的養護の現状などを紹介するパネル展示も行います。

※手話・要約筆記に対応します。

 

 

[お問い合わせ]
あかし里親フォーラム事務局
電話078-325-1890(受付代行 サンケイリビング新聞社神戸本部)
受付時間/平日10:00~17:00

2017.06.13 更新

子が15歳以上の養子縁組家庭への生活実態調査 A4ダイジェスト版

この度子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査の簡易ダイジェスト版を作成いたしました。下記よりダウンロードいただけますのでぜひご活用いただければと思います。

ダイジェスト版(PDFファイル)のダウンロードはこちらから
【子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査ダイジェスト版】

報告書(PDFファイル)のダウンロードはこちらから
【子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査 報告書】
【子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査 報告書 概要版】