イベント・メディア情報

イベント告知(日本財団) メディア関連 子どもの家庭養護推進官民協議会 里親

2018.05.24 更新

6月1日 「子どもの家庭養育推進官民協議会 シンポジウム」を開催いたします【NEW】

2016の4月に設立した「子どもの家庭養育推進官民協議会」では、2017年度事業として、国への政策提言や研修、参加団体のイベントの後援など幅広い活動を行ってまいりました。平成30年度は下記のとおり総会に併せ記者会見、講演会を開催します。日本財団はこの協議会に加盟しており、里親・特別養子縁組の推進に取り組んでおります。

■主催:子どもの家庭養育推進官民協議会
■日時:2018年6月1日(金)13時30分~15時55分
■場所:東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル2F
■参加費:無料
■定員:100名(事前申し込みが必要です)
■内容:
1) 記者発表) 13:30~14:20
子どもの家庭養育推進官民協議会会長(鈴木英敬三重県知事)より協議会の活動報告
各団体トップからのコメント
ロゴマークおよびポスターの発表
政策提言発表、厚生労働大臣(出席依頼中)に提出
写真撮影

2)講演会(公開)14:30~15:20
基調講演:杉山春氏(ルポライター)
テーマ「児童虐待の取材からみた新しい社会的養育ビジョンの意義
パネルディスカッション 15:20~15:50
テーマ「今後のフォスタリング機関のあり方について」
パネラー 上鹿渡和宏(長野大学教授)

渡邊守(キーアセット代表理事)

藤林武史(福岡市こども未来局理事・こども総合相談センター所長)

閉会挨拶 15:50~15:55

 

 

 

※フォームにアクセスできない場合は以下のメールアドレスに
1)参加者のお名前 2)所属団体 3)メールアドレスをお送り下さい。
申し込み締め切り:2018年5月31日(木)

問い合わせ先:子どもの家庭養育推進官民協議会事務局
E-mail : kanmin.jimukyoku(a)gmail.com ※(a)を@に変えてご使用ください。

2017.07.27 更新

特別養子縁組実践研修~新生児委託とパーマネンシーについて~を開催しました!【NEW】

日本財団ブログのリンクはこちらから
官民連携の強化求める声も特別養子縁組の促進に向け 児童福祉法の改正受け実践研修

昨年10月の児童福祉法改正で養子縁組の相談支援が児童相談所の主要業務のひとつに位置付けられたのを受け、新生児の特別養子縁組に取り組んでいる自治体や民間団体の活動を児童相談所職員や里親支援専門員らに知ってもらうための研修会が7月14日千葉市中央福祉保健センターで開催されました。

研修会は日本財団、ちばこどもおうえんだん、NPO法人CAPNAの主催で、児童相談所や児童養護施設の職員などを中心に定員いっぱいの55人が参加しました。

研修会の様子

講演する上鹿渡教授

午後からグループにわかれワークショップ