イベント・メディア情報

外部のイベント告知

2015.09.04 更新

第 28 回神奈川県里親大会 「親と子の絆をつむぐ‥‥愛着って、なあに?」

講師に ヘネシー澄子 氏(Crossroads for Social Work,LLC 所長 臨床ソーシャルワーカー・社会福祉学博士)をお迎えして、第28回神奈川県里親大会が開催されます。

  • 日 時: 平成 27 年 11 月 14 日(土)12 時 45 分~16時
  • 会 場: 逗子文化プラザ なぎさホール
  • 入 場: 無料
  • 定 員: 500 名(定員になり次第締切)
  • 申込先・問合せ先: 第 28 回神奈川県里親大会実行委員会事務局
  • 締切: 10月30日

詳細はこちら→ 第28回神奈川県里親大会

講師紹介・申込書はこちら→ 第28回神奈川県里親大会 申込

2015.06.24 更新

ISSJ主催シンポジウム「家庭養護の推進に向けて~1993年ハーグ条約から要保護児童のパーマネンシー保障を考える~」

社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)主催で養子縁組に関するシンポジウムが開催されます。

詳細はこちら

参加をご希望の方は、直接お早目にISSJまでお申し込みください。

●日 時:
2015年7月10日(金)10:00~16:30

●場 所:
参議院議員会館特別会議室 (定員65名/参加費無料)
東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1F

●お問い合わせ・ご予約:
社会福祉法人日本国際社会事業団(ISSJ)
Tel: 03-5840-5711 Email: issj@issj.org
電話もしくはメールにて、お名前、ご所属をお知らせください。

 

2015.02.18 更新

社会的養護と養子縁組 シンポジウム

日本では現在、親が育てられない子どもを社会が代替的に育てる「社会的養護」について、施設養護よりもできるだけ家庭養護とするよう、舵が切られている。その家庭養護の選択肢は養子縁組、里親、ファミリーホームである。 子どもの福祉のための社会的養護をどのように構築すればよいのか、国際比較の視点から、また、子ども当事者の視点から考える。

日時:2015年03月08日(12時15分~17時30分)

場所:日本女子大学 目白キャンパス 百年館低層棟206教室(東京都文京区目白台2-8-1)

定員:150人(先着順) ※2015年03月07日締め切り

チラシはこちら → 社会的養護と養子縁組

2015.01.23 更新

NPO法人CAPNA 養親希望者説明会(愛知県)

様々な事情で産んでも育てることのできない1歳未満の赤ちゃんが年間約1500人、産まれてすぐ約400人の赤ちゃんが乳児院に入っています。

国連の子ども権利委員会は、日本に対してこれは社会的なネグレクト(虐待)状態であり、早急に改善して家庭で育てられる養子縁組を推進するように、強く改善を求めています。

すべての赤ちゃんは天使のように生まれてきます。その赤ちゃんを無条件で、愛情深く育てる「赤ちゃん縁組」希望者を募集します。

 

日時:2月1日(日)10:00~12:00

会場:アレックスビル(地下鉄鶴舞線「丸の内」駅8番出口徒歩2分)

定員:50名   参加費:無料(事前申込必要)

後援:愛知県産婦人科医会・公益社団法人 愛知県助産師会

 

※広く社会に知っていただくため、新聞・テレビの取材を承知してご参加ください。

問い合わせ:NPO法人CAPNA

事務局:名古屋市中区丸の内1-4-4-404

電話:052-232-2880

2015.01.23 更新

NPO法人CAPNA 成長した養子の座談会(愛知県)

養子であることを育ての親から知らされた方、知らされなかった方、これまでそして現在あなたの思いを語っていただけませんか。

昭和63年に子どものための特別養子縁組制度ができて25年、今も様々な事情で親が育てられない赤ちゃんがいます。養子として育った皆さんの思いが、養子を迎える家族の力になります。すべて赤ちゃんの幸せのために特別養子縁組をもっともっと広げたいです。

 

日時:2月1日(日)13:30~15:30

会場:アレックスビル(地下鉄鶴舞線「丸の内」駅8番出口徒歩2分)

参加費:無料(事前申込必要)

後援:PSM協力支援金

 

問い合わせ:NPO法人CAPNA

事務局:名古屋市中区丸の内1-4-4-404

電話:052-232-2880