イベント・メディア情報

イベント告知(日本財団) メディア関連 特別養子縁組 里親 養子縁組

2017.09.01 更新

あかし里親100%プロジェクト「あかし里親フォーラム」開催のご案内【NEW】

日時:
10月9日(祝・月)13:30~16:00(13:00開場)
場所:
あかし市民広場(JR明石駅、山陽明石駅南側の明石駅前再開発ビル2階)
定員:
先着300人(事前申し込み)入場無料

明石市主催、日本財団後援協力のシンポジウムが開催されます。スペシャルゲストとしてご自信が乳児院、児童養護施設で乳幼児期を過ごし、その後養子縁組された体験を持つシンガーソングライターの川嶋あいさんが登壇。里親について一緒に考えるフォーラムです。

みなさまのご参加をお待ちしております。

[主催] 明石市

[後援協力] 厚生労働省、日本財団、兵庫県、兵庫県中央地区里親会、家庭養護推進協議会他

 

[スケジュール]
13:00 開場
13:30 第1部
●里親制度と国の取り組みを紹介 厚生労働省による、里親制度の説明
●トークセッション① 川嶋あいさんの体験談や、日本財団による社会的養護の現状の説明
●トークセッション② 明石市の里親子の生活の実際、生活エピソード、明石市の取り組み
第2部
●川嶋あいさん スペシャルライブ
16:00 閉会
フォーラム終了後、里親相談会を実施。家庭的養護の現状などを紹介するパネル展示も行います。

※手話・要約筆記に対応します。

 

 

[お問い合わせ]
あかし里親フォーラム事務局
電話078-325-1890(受付代行 サンケイリビング新聞社神戸本部)
受付時間/平日10:00~17:00

2017.08.28 更新

第44回 子どもの虐待防止セミナー 里親・養親の子育て講座のご案内【NEW】

日時:
2017年9月30日(土)10:00~15:00
場所:
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 101号室 ( 東京都渋谷区代々木神園町3-1)
対象:
里親、養親とその支援に関わる職種の方および関心のある方
定員:
160名(定員になり次第〆切)

子どもの虐待防止センター国立成育医療センター主催の講座のお知らせです。

里親・養親の皆さんと支援に関わる皆さんに参加を頂き、新しいプログラムの紹介を含め、今後の里親・養親のサポートのあり方についてご一緒に考えていく講座です。

. ご興味のある方は是非ご参加下さい。

【受講料】  6,000円(CCAP賛助会員の方は 5,000円)
※若干名保育あり(対象:3才~未就学児・要予約・保育料1,000円)
3才未満のお子さんは会場で同席をお願いします。

【内容】
9:30~ 受付開始
10:00~11:30  講義
途中から親になるということ
子ども自身、もともと個性をもっているもの である。そのことを踏まえつつ、里親・養親が子育ての中でぶつかる課題や、実親に対する 思いへの対応など講義を通じて考える。

奥山 眞紀子/CCAP理事、
国立成育医療センターこころの診療部長、小児精神科医

昼食休憩
12:30~14:00 講義2
フォスタリング・チェンジ・プログラム
子どもとの関係を改善し、問題行動に対応 する、イギリス発祥の里親向けのプログラムを日本に導入。プログラムの内容やその取り組みの紹介を交えて、今後の支援のヒントを探る。
上鹿渡 和宏/長野大学社会福祉学部 社会福祉学科教授

14:00~15:00
グループトーク

【申込方法】
参加申込書(PDF)*に必要事項をご記入の上、
FAXにて子どもの虐待防止センター事務局までお申し込み下さい。
お申し込み後、 折り返し受付番号と振込口座をFAX連絡いたします。
返信確認の後、受講料をお振り込み下さい。
なお、入金後の返金はできませんので、ご注意下さい。

参加申込書PDFはこちらからダウンロード可能です。

 

 

【問い合わせ】
社会福祉法人 子どもの虐待防止センター事務局
FAX 03-5300-2452 TEL 03-5300-2451

2017.06.20 更新

NHKハートフォーラム 『考えよう 新しい“家族”の形 ~里親・特別養子縁組はいま~』が開催されます!

日時:
2017年8月5日(土)午後13時30分~4時15分予定(開場は午後13時~)
場所:
グランキューブ大阪3階 イベントホールE(大阪市北区中之島5-3-51)
定員:
270人(入場無料)

親との死別や病気、育児放棄や虐待などの理由で親と暮らせない子どもは約4万6千人に上ります。日本ではその内8割以上が乳児院や児童養護施設などの施設で暮らしています。こうした中、昨年『児童福祉法』が改正され、全ての子どもを養子縁組・里親を含む「家庭的な環境」で育てる《家庭養護》を原則とすることが明文化されました。

フォーラムの第1部では、NHKドキュメンタリー『小さき命のバトン』(児童福祉文化賞推薦作品受賞)の映像を交えて、養子と里子を育てているご家族に「なぜ子どもを迎えようと思ったのか」、「日常にどんな喜びがあるか」、また、助産師の立場から“生みの親”側の事情、児童精神科医からは「子どもが家庭で育つ意味」についてお話しいただきます。

第2部では、全国に先駆けて新生児の「特別養子縁組(通称・赤ちゃん縁組)」を実践し注目されている愛知の児童相談所の取り組みを紹介します。また、「特別養子縁組」や「里親」を希望する場合はどんな支援を受けられるのかを伝え、私たちや地域が“子どもたちの未来”のために何ができるかを考えていきます。

出演 
サヘル・ローズさん(女優・タレント/イラン出身 8歳の時に養母と来日)
高口夫妻(里親・特別養子縁組当事者)
田尻 由貴子さん(全国妊娠SOSネットワーク・理事/熊本・慈恵病院 前看護部長)
上鹿渡 和宏さん(長野大学・教授/児童精神科医)
萬屋 育子さん(NPO法人CAPNA・理事長 愛知県児童相談センター・元センター長)
渡邊 守さん(NPO法人キーアセット・ディレクター/里親経験者)
内多 勝康さん(司会/元NHKアナウンサー 国立成育医療研究センター「もみじの家」ハウスマネージャー)ほか

申込  
はがき、FAX、メールいずれかの方法で、①名前 ②住所 ③電話番号 ④参加人数⑤ご一緒に参加する方の名前を記入して、お申し込みください。

【はがき】〒150-0041 渋谷区神南1-4-1第7共同ビル
NHK厚生文化事業団「里親・特別養子縁組 8/5 大阪」係

【FAX】03-3476-5956
NHK厚生文化事業団「里親・特別養子縁組 8/5 大阪」係

【メール】NHK厚生文化事業団のホームページ
     の本フォーラムの募集ページから申込フォームにて送信

※お申し込みいただいた方には、7月下旬頃に入場整理券をお送り致します。

締切  
先着順。定員に達し次第、締切ります。

主催
NHK厚生文化事業団、NHK大阪放送局

協力
日本財団ハッピーゆりかごプロジェクト

考えよう 新しい“家族”の形 ~里親・特別養子縁組はいま~.pdf

2017.06.13 更新

子が15歳以上の養子縁組家庭への生活実態調査 A4ダイジェスト版【NEW】

この度子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査の簡易ダイジェスト版を作成いたしました。下記よりダウンロードいただけますのでぜひご活用いただければと思います。

ダイジェスト版(PDFファイル)のダウンロードはこちらから
【子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査ダイジェスト版】

報告書(PDFファイル)のダウンロードはこちらから
【子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査 報告書】
【子が15歳以上の養子縁組家庭の生活実態調査 報告書 概要版】

2017.06.07 更新

報告書 養子縁組の記録とアクセス支援に関する報告書【NEW】

2016年12月には、「民間あっせん機関による養子縁組のあっせんに係る児童の保護等に関する法律(以下、養子縁組あっせん法)」が成立し、養子縁組をした児童等の個人情報の扱い(第5条)、養子縁組の成立後の支援(第33条)について明記されました。

特別養子縁組は、実親との法的関係が終了してしまうことから、子どもの「知る権利」の保障は社会的養護の子どものそれに増して、配慮が必要であり、今後より慎重な議論がなされるべき事項です。
そこで、これらを踏まえて日本財団では、民間あっせん機関の養子縁組記録の保管状況とアクセス支援に焦点を当てた実態調査を行いました。

調査概要
時期 2016年6月から2016年12月までの間
対象 2016年6月現在で第二種社会福祉事業の届出のある民間養縁組あっせん団体のうち調査受け入れを表明した13団体
方式 調査者が民間団体を訪問または民間団体の都合によっては日本財団ビル内で実施

※ 調査結果表記の方法 団体が特定されないよう配慮した。しかし、団体の設立年代が回答に強く影響を与えるものについては以下の2グループに分類した。
民間あっせん機関の分類
→活動年数によって偏りのある設問については以下の分類に沿って表記
G1:2004年以前に設立した団体(あっせんした養子がすでに思春期を迎えている機関)
G2:2005年以降に設立した団体(あっせんした養子が未だ思春期を迎えていない機関)

報告書のダウンロードはこちらから

養子縁組の記録とアクセス支援に関する報告書.pdf