イベント・メディア情報

イベント告知(日本財団) メディア関連 児童虐待 子どもの家庭養護推進官民協議会 特別養子縁組 養子縁組

2018.08.06 更新

9月3日「すべての子どもが愛されて育つために」シンポジウム開催のお知らせ【NEW】

日時:
2018年9月3日(月)13:30~16:30
場所:
よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
定員:
500人(無料)

シンポジウム「すべての子どもが愛されて育つために」

~親⼦⽀援から⾥親、特別養⼦縁組など様々な家族のかたちを考える~

2018年3月に目黒で起きた船戸結愛(ゆあ)ちゃんの虐待死事件は、多くの人の心をゆさぶりました。日本のどこの地域で、どんな親から生まれても、子どもには親、もしくは親に代わる存在に愛されて安全に生活する権利があります。生みの親が子育てに課題を持っている場合はまず家庭を支援することが大切で、それでも改善しない場合には適切なタイミングでの子どもの保護が必要です。また、保護された後、実家庭に戻ることができない、または戻ることがふさわしくない子どもには、里親や特別養子縁組などの制度であたたかい家庭で育つ機会を提供することも同じように重要な課題です。
日本では2016年に児童福祉法が抜本的に改正され、2017年には厚生労働省から新しい社会的養育ビジョンが発表されました。大きな転換期にある児童福祉の流れをあらためて理解するとともに、これから私たちに何ができるのか、シンポジウムを通じて考えていきたいと思います。

主催:日本財団 共催:読売新聞社 後援:厚生労働省(予定)、子どもの家庭養育推進官民協議会

スケジュール
13:30〜13:35 開会挨拶 笹川 陽平(⽇本財団会⻑)
13:35〜13:40 来賓挨拶 厚⽣労働省
13:40〜14:10 基調講演1 「特別養⼦縁組で得た幸せ」
瀬奈じゅん(元宝塚歌劇団・養親当事者)
14:10〜14:40 基調講演2 「真に⼦どもを⼤事にする国を⽬指して」
塩崎 恭久(衆議院議員・前厚⽣労働⼤⾂)
15:00〜16:30 パネルディスカッション
コーディネーター:猪熊 律⼦(読売新聞東京本社編集委員)
パネリスト:奥山 眞紀子(国⽴成育医療研究センターこころの診療部統括部⻑)
藤林 武史(精神科医師・福岡市こども総合相談センター所⻑)
中村 みどり(CVV副代表・NPO法⼈キーアセットソーシャルワーカー)
⾼橋 恵⾥⼦ (⽇本財団公益事業部国内事業開発チームリーダー)

申し込み方法 お申し込みフォーム外部サイトからお申し込みください。(先着順)


シンポジウムプログラム詳細(PDF / 1.03MB)

2018.06.08 更新

6月1日 子どもの家庭養育推進官民協議会 総会開催・日本財団と協働で新たなシンボルマーク発表【NEW】

6月1日 「子どもの家庭養育推進官民協議会 総会・シンポジウム」を日本財団ビルで開催。

日本財団ブログのリンクはこちらから
http://blog.canpan.info/nfkouhou/archive/1240
新たなシンボルマーク登場 子どもの家庭養育推進に向けて官民協議会の第3回総会開く

 

foster-logo-fix2

foster-logo-fix3

 

6月1日、日本財団ビルで「子どもの家庭養育推進官民協議会 総会・記者会見・シンポジウム」が開催された。記者会見では国への政策提言が加藤勝信厚生労働大臣に代わって総会に出席した山本麻里・内閣官房内閣審議官に鈴木英敬会長(三重県知事)より手渡された。

 

政策提言

 

併せて日本財団と子どもの家庭養育推進官民協議会の協働プロジェクトとして、里親制度の普及とともに、里親家庭を支えられる社会の創出を目指す思いで作成された「フォスタリングマーク」が笹川陽平日本財団会長と鈴木会長よりお披露目され、今後の里親の支援の拡大を目指すことになった。

 

ロゴ

 

フォスタリングマークプロジェクトホームページはこちらから
https://fosteringmark.com/

 

全体写真

 

続いて協議会に参画し、全国各地で活動されている団体の代表、伊原木 隆太 岡山県知事、野川聡 鳥取県副知事、泉房穂 明石市長、崎田恭平 日南市長、SOSどもの村JAPAN 松﨑佳子理事よりあいさつをいただいた。

この後、シンポジウムに移り、「児童虐待の取材からみた新しい社会的養育ビジョンの意義」をテーマにルポライターの杉山春氏が基調講演を行った。続いて「今後のフォスタリング機関のあり方について」をテーマに、長野大学 上鹿渡和宏教授、キーアセット 渡邊守代表理事、福岡市こども未来局理事・こども総合相談センター  藤林武史所長がそれぞれ講演を行った。

2018.05.24 更新

平成29年度子どもの家庭養育推進官民協議会研修会を開催いたします!

平成29年度子どもの家庭養育推進官民協議会研修会の参加登録を開始しましたので、お知らせいたします。

今回の研修では、市と里親家庭支援センターが連携して里親等への委託を推進し、平成27年度委託率が46.9%で全国1位となった静岡市の取組について、学術的な視点を交えて紹介いたします。
また、養育中の里親への支援で大きな成果が期待される「フォスタリングチェンジ・プログラム」について、大学・行政・里親の立場からこれまでの実践状況について議論を深めていくことで、今後、同プログラムを導入、推進していくうえでのポイントを情報として提供いたします。

主催:子どもの家庭養育推進官民協議会 静岡市

静岡市における里親等委託推進に関する講演会〈13:00~14:20〉
・主催者挨拶
・講演会「里親支援のための連携の在り方について」
講師 静岡福祉大学 相原眞人教授
・パネルディスカッション
パネラー:静岡市、静岡市里親家庭支援センター、静岡市里親会
コーディネーター:静岡福祉大学 相原眞人教授

フォスタリングチェンジ・プログラム講演会〈14:30~16:15〉
・講演会「フォスタリングチェンジ・プログラムとは」
講師 長野大学 上鹿渡和宏教授
・パネルディスカッション
パネラー:実施団体ファシリテーター(三重県、福岡市、静岡市里親家庭支援センター)
プログラムを受講された里親さん数名
コーディネーター:広島国際大学 松﨑佳子教授
アドバイザー:長野大学 上鹿渡和宏教授

submit-gr200

2018.05.24 更新

6月1日 「子どもの家庭養育推進官民協議会 シンポジウム」を開催いたします

平成28年4月に設立した「子どもの家庭養育推進官民協議会」では、平成29年度事業として、国への政策提言や研修、参加団体のイベントの後援など幅広い活動を行ってまいりました。平成30年度は下記のとおり総会に併せ記者会見、講演会を開催します。日本財団はこの協議会に加盟しており、里親・特別養子縁組の推進に取り組んでおります。

■主催:子どもの家庭養育推進官民協議会
■日時:2018年6月1日(金)14時30分~15時55分
■場所:東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル2F
■参加費:無料
■定員:100名(事前申し込みが必要です)
■内容:
講演会 14:30~15:20
基調講演:杉山春氏(ルポライター)
テーマ「児童虐待の取材からみた新しい社会的養育ビジョンの意義
パネルディスカッション 15:20~15:50
テーマ「今後のフォスタリング機関のあり方について」
パネラー 上鹿渡和宏(長野大学教授)
渡邊守(キーアセット代表理事)
藤林武史(福岡市こども未来局理事・こども総合相談センター所長)

閉会挨拶 15:50~15:55

 

 

 

※フォームにアクセスできない場合は以下のメールアドレスに
1)参加者のお名前 2)所属団体 3)メールアドレスをお送り下さい。
申し込み締め切り:2018年5月31日(木)

問い合わせ先:子どもの家庭養育推進官民協議会事務局
E-mail : kanmin.jimukyoku(a)gmail.com ※(a)を@に変えてご使用ください。

2017.11.08 更新

日本財団共催 SOS子どもの村JAPAN 東京フォーラム開催のお知らせ 早割受付中

「里親養育の質の向上をめざして」
~里親子の関係不調を防ぐ、登録前研修と登録後の支援~

里親先進国イギリスの里親登録過程の在り方や、登録後研修であるフォスタリングチェンジ・プログラムなどについて学び、今回の「新しいビジョン」が示している「フォスタリング機関事業」のあり方などについて、皆さまとともに考えていきます。

 

☆フォスタリングチェンジ・プログラムとは☆
親と暮せない子の7割が里親のもとで暮す英国で17年前に開発された、里親のためのトレーニングプログラム。里子の問題行動に適切に対応し、愛着形成をはかることで、里親のストレス軽減や里親と子どもの関係改善をめざす。日本では、福岡をはじめ、大分、長野、静岡、三重などでも導入がはじまる。

 

主催:認定NPO法人 SOS子どもの村JAPAN
共催:公益財団法人 日本財団
後援:子どもの家庭養育推進官民協議会
協賛:野村ホールディングス株式会社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会、カルビー株式会社