イベント・メディア情報

2017.08.21 更新

「家族再統合の成功と安定した里親支援モデルの構築」のためのシンポジウム開催のご案内

現在日本には、様々な理由から親元で暮らせない子どもたちが約3万6000人います。その中で里親に預けられているのは18%、家族再統合率はさらに低いのが現状です。子どもの発達には児童養護施設よりも家庭的養育が望ましいとされていますが、どのように実現すればばいいのでしょうか?

答えは、アメリカ・カリフォルニア州オレンジ郡にあります!要保護児童の50%〜60%は家族再統合に成功し、残りは長期的な里親ケアの中で育まれています。私達日本の児童福祉が目指す世界を早期に実現しているオレンジ郡には、その成功を支える知恵と効果的な技術がありました。

今回のシンポジウムでは、オレンジカウンティ家庭福祉局長ブロックサム女史、ボーイズタウン法務部本部長ステファニージャンセン女史をゲストスピーカーに迎えて、その知恵と技術の概略を直接学ぶことが出来ます。
また、行政、NPO、里親、学識者から様々な角度で議論し、現在の日本において何が実行可能かを煮詰めていきます。
様々な法整備は進む要保護児童の世界も内容の進歩は足踏み状態にあります。

子どもの幸せのために、真摯な努力を続ける皆様がたが、明日への確実な一歩を踏み出すためにも、このシンポジウムへのご参加をお待ちしております。

一般社団法人日本ボーイズタウンプログラム振興機構 (IBPF Japan)ホームページより
日時 【東京】2017年10月3日(火)10:30〜16:00(日本財団大会議室AB)
【大阪】2017年10月5日(木)10:30〜16:00(ドーンセンター)
主催 一般社団法人日本ボーイズタウンプログラム振興機構
協力・助成 日本財団
共催 US-Japan Advanced Skill Training Center、一般社団法人エンパワメント宮崎、オッジヒューマンネット子育て支援プロジェクト、NPO 法人Com 子育て環境デザインルーム、NPO 法人親支援プログラム研究会、社会福祉法人麦の子会
後援 東京都(予定)、大阪府(予定)、和歌山県(予定)
参加費 1,000円(当日、会場受付にてお支払いください)
申込 ご参加いただく場合には、2017年10月1日(日)までに事前登録をお願いします。また、定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。

 

 

ちらしのダウンロードはこちらから

「家族再統合の成功と安定した里親支援モデルの構築」のためのシンポジウムチラシ.pdf

お問い合わせ先:IBPF Japanセミナー運営事務局
【運営元:株式会社グローバルメディア】
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町7-2-2F
TEL: 03-5623-6550 | FAX:03-5539-3539
メール:info@ibpf-japan.org