イベント・メディア情報

2017.02.28 更新

フォスタリングチェンジ ファシリテーター養成プログラムの研修会を開催しました!

里親と子どものより良い関係に向けて英国の先進的プログラム研修会開催
「フォスタリング・チェンジ・プログラム」を全国に広めるファシリテーター養成プログラム

2月20日から24日までの5日間、「フォスタリング・チェンジ・プログラム」を全国で実施していくファシリテーターを養成するための研修会が、日本財団で開催されました。
「フォスタリング・チェンジ・プログラム」とは、里親の元で暮らす子どもに適切に対処するために英国で開発された里親支援のプログラムです。
この研修会は昨年3月の福岡市に次いで2回目で、大阪や静岡、横浜、長野、仙台などの乳児院や児童相談所、こども相談センターなどで里親支援に取り組む22人が参加しました。

図11

フォスタリングチェンジ参加者、オブザーバー
講師を囲んで

研修会には英国でこのプログラムのトレーナーとして活躍するキャシー・ブラッケビィさんとキャロライン・ベンゴさんの2人が講師として来日、長野大学准教授の上鹿渡和宏先生にもご協力いただき、参加者は5日かけてプログラムを学びました。

6図

グループにわかれてのプレゼンテーション

図3

円になって研修を受ける参加者

プログラムは12のセッションで構成され、この研修会でこれを実践できるファシリテーターを育成し、彼らを通してプログラムを里親に普及させるのを目的としています。里親が実際に身に付けるには週1回1セッションで約3カ月掛かります。
今後、参加したファシリテーターによる地区ごとの里親を対象とした研修会が順次、計画される見通しです。また今後もファシリテーターのためのフォローアップ研修も計画されております。

【日本財団のブログに掲載されました】
里親と子どものより良い関係に向けて英国の先進的プログラム研修会開催
まずは促進するファシリテーター養成

【関連書籍の購入はこちらから】
「フォスタリングチェンジ」

281301_mid

子どもとの関係を改善し問題行動に対応する里親トレーニングプログラム
社会的養護下の子どもを養育する里親が抱えるさまざまな問題に対応するために、エビデンスに基づいて設計された英国唯一のプログラムを実践するための家庭養護マニュアルです。

子どもの問題行動への理解と対応
「里親のためのフォスタリングチェンジ・ハンドブック」

147422_mid