日本・海外でのインタビュー

2017.01.23 更新

GLOBEウェブ記事掲載:ロジャー・シングルトン卿へのインタビュー!

ニッポンの大転換 子どもを施設から家庭へ/産まなくても「親になる」という選択孤
児院を全廃、里親家庭支援に舵を切った英国NPOの長い道のりを聞く

GLOBEの記事はこちら
2016.12.30 朝日新聞GLOBE ロジャー・シングルトン卿×GLOBE副編集長・後藤絵里 対談

朝日新聞の後藤絵里さんによる、バーナードス(元バーナードホーム)の元CEO、ロジャー・シングルトン卿へのインタビューです。
日本では里親家庭で育つ子どもが2割弱、特別養子縁組の件数は年間約500件。これに対してイギリスは里親家庭で育つ子どもが7割、養子縁組の件数は年間約5千件です。イギリスでも昔は多くの孤児院がありましたが、子どもたちが家庭で育つことのできる社会を、長年かけて作ってきました。以前は多くの施設を運営してきたバーナードスが、どのように家庭養護を推進してきたか、その経験が語られています。

文末には、後藤絵里さんが最近出版した『産まなくても、育てられます』の紹介もあります。

日本財団ハッピーゆりかごプロジェクト 関連記事
日本こども虐待防止学会で日本財団スポンサードセッションを行いました!
「GLOBE」後藤絵里さんの新刊発売!「産まなくても、育てられます」