イベント・メディア情報

2017.01.06 更新

日本の子どもの未来を考える研究会 第1回シンポジウム開催のご案内

日時:
2017年2月11日(祝、土)13:00-16:00(12:30 開場)
場所:
日本財団ビル2F 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)

0001

すべての子どもが日本の子どもとして大切に守られるために
~子ども・子育て施設・社会的養護施策・障害児施策の垣根を越えて妊娠期から子育て期までの相談連携と子ども家庭福祉のあり方を考える~

現在日本では、貧困、虐待、社会的養護、子育て不安、発達障害の増加など、困り感のある子どもたちや家族が増えています。しかし、支援がほしいと思っても相談する場、支援の場、行政の窓口や制度もバラバラで、誰にどこに相談したらいいか、相談につながっても支援がなかったり、なかなか解決の糸口が見つからず、現実に疲れて途方に暮れてしまう子どもと親がいます。このような問題を解決して、すべての日本の子どもたちとその家族が、みんな安心して幸せに暮らすための相談、支援、行政、制度、連携は、どうあったらいいのでしょう。みなさんと一緒に考える機会にしたいと思います。

主催:日本の子どもの未来を考える研究会
協力:日本財団

座長:淑徳大学教授 柏女霊峰
副座長:(福)麦の子会総合施設長 北川聡子

日時 : 2017年2月11日(祝、土)13:00-16:00(12:30 開場)
場所 : 日本財団ビル2F 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)

参加費 : 500円(大人1名)
お申し込み:下記のお問い合わせに、氏名(複数可)・職種・経験年数・所属・所属住所・連絡先を明記し、FAXまたはメールで申し込みください。(担当:笠井・鈴木)
問い合わせ先 :
麦の子会
メール:muginoko@muginoko.com
電話:011-733-9251
FAX:011-769-0847
締め切り : 2017年2月3日(金)

日本の子どもの未来を考える研究会_シンポジウムチラシ (pdf)