イベント・メディア情報

2015.10.15 更新

施設養育がもたらすアタッチメント(愛着)障害についてのシンポジウムを開催しました!

9月30日、精神科医で米国チューレイン大学教授/乳幼児精神保健研究所所長のチャールズ・H・ジーナさん、同じく精神科医で目白大学教授/相州乳幼児家族心療センター長の青木豊さんをお招きして、シンポジウムを開催しました。ジーナさんからは、ルーマニアで行なわれた施設養育の子どもとそこから里親委託された子どもの比較研究(ブカレスト早期介入プロジェクト・BEIP)について、また青木豊さんからは日本で行なわれている研究についてお聞きし、参加者の方々は熱心に聞き入り質疑応答されました。

当日の様子は、こちらの日本財団ブログをご覧ください。

ブカレスト早期介入プロジェクトに関するシンポジウムの報告書はこちらからダウンロードすることができます。

BEIPからの教訓 報告書