イベント・メディア情報

2015.08.04 更新

助産師さんへ向けたランチョンセミナーを開催しました!

7月22日、パシフィコ横浜で行なわれたICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会において、日本財団が「子供が家庭で育つために妊娠相談窓口が果たす役割とは~赤ちゃんの虐待死予防、産みの親支援、特別養子縁組の可能性~」と題してランチョンセミナーを開催しました。田尻由貴子さんをメインスピーカーに迎えたこのセミナーには、約700名のアジア・日本の助産師さん、看護師さんらが参加してくださり、施設養育の問題、妊娠相談の現状と課題、助産師の果たす役割などについて、熱心に聞き入ってくださいました。参加された方々がさらにこの問題に関心を寄せてくださり、産科医療、地域保健、教育の現場で、すべての子どもが家庭で愛されながら育つために奮闘してくださることに期待しつつ応援させていただきたいと思います。

詳細な記事・写真はこちらから→ 日本財団ブログ