報告書

2015.05.13 更新

報告書 乳幼児期の施設養育がもたらす子どもの発達への影響について

2014年9月14日(日)~17日(水)に行われた「子ども虐待防止世界会議 in 名古屋 2014」において、日本財団スポンサード・セッションを開催しました。

米国メリーランド大学のネイサン・A・フォックス教授をお招きして、「乳幼児期の施設養育がもたらす子どもの発達への影響について~“チャウシェスクの子どもたち”ブカレスト早期介入プロジェクト(BEIP)からの教訓~」と題してご講演をいただきました。

このスポンサードセッションでは、たくさんの方にご来場いただきましたが、当日ご参加が叶わなかった皆さんに向けてホームページで発表資料などを掲載してまいりました。

しかし、その後の反響も大きく、またご講演の内容についてもよりたくさんの方に知っていただきたいと考え、この度そのスポンサード・セッションの内容をまとめた報告書を作成いたしました。

本報告書では、フォックス教授のご講演のみならず、福岡市こども総合相談センターの藤林武史所長の指定討論やその後の質疑応答も含め掲載いたしました。

当日資料のスライドも、日本語に翻訳したものをカラーで掲載してありますので、大変分かりやすくなっています。ぜひご一読下さい。

PDFファイルは下記よりダウンロードできます。また、冊子版につきましても今後イベントなどで随時配布を行う予定です。

image-0001

報告書 乳幼児期の施設養育がもたらす
子どもの発達への影響について
~“チャウシェスクの子どもたち”ブカレスト
早期介入プロジェクト(BEIP)からの教訓~

※※ 報告書はファイルサイズの関係で2つに分割されています。※※

PDFファイル 全26ページ
①表紙~P.10まで(12ページ分) 1,781KB報告書 乳幼児期の施設養育がもたらす子どもの発達への影響について表紙
②P.11 ~裏表紙まで(14ページ分) 1,823KB

報告書 乳幼児期の施設養育がもたらす子どもの発達への影響について表紙