イベント・メディア情報

2015.04.24 更新

全国妊娠相談SOSネットワーク会議を開催しました!

Untitled4月18-19日、全国で思いがけない妊娠で悩んでいる方からの相談を受けている助産師、保健師などの相談員51名が日本財団ビルに結集し、「全国妊娠相談SOSネットワーク会議」が開催されました。すでに自治体からの委託や直営で妊娠相談を受け付けている18か所の相談窓口と、今後妊娠相談の受け付けを開始することを検討している5か所の団体・機関からのご参加でした。

今回のネットワーク会議では、妊娠相談や社会福祉分野でのご経験が豊富な講師陣から学び、また参加者同士が情報交換することで、妊娠相談窓口の質の向上につながるようプログラム内容が組まれ、とくに、医療・看護分野の教育ではあまりフォーカスの置かれていない、社会福祉、児童福祉分野、そして地域連携に関する講義やグループワークが多く盛り込まれました。 参加者の方々の満足度はかなり高く、みなさんの知識だけでなくモチベーションも上がったようで、「他のメンバーとも情報共有して、相談窓口を充実させていきたい」など前向きな感想をたくさんいただきました。

今後は、こうして集まった相談窓口の方々が継続的につながり合い、情報交換しながら連携していけるようネットワーク化を検討していく予定です。この集まりが、全国の妊娠相談窓口の質を向上すること、そして妊娠して悩んでいる女性とその子どもを確実に支援へとつなげることに貢献することで、この国からゼロか月、ゼロ日目の子どもの虐待死がなくなることを夢見て、会議は幕を閉じました。